ライフスタイル 関東最大の「無印良品」が有明にオープン。 ナッツ類やコーヒー豆の量り売りサービスが楽しすぎ!

年末年始になると、部屋の収納グッズや、新しい手帳&カレンダー、ちょっとしたおもてなしのための料理グッズなど、色々な日用品が必要になってきます。そんな日常生活のあらゆるものが揃っているのが「無印良品」。その無印良品の新店舗が、東京有明にある有明ガーデンに12月3日オープンしました! 売り場面積は、関東最大となる約4628平方メートル。無印良品のほぼ全商品が取り扱われているんだそうです。

エントランスかららもうワクワクが止まらない!

ナッツやドライフルーツなど、欲しい分だけ買える量り売りが楽しい!

東京有明のコンセプトは、「暮らしの全部が揃う“百八貨店”」。百貨店以上の商品数とサービスを扱う「百八貨店」として、暮らしのサポート、家づくり、街づくりをテーマにおいた新商品や、サービスを提案しています。今回は気になる店内を、オープンに先駆け、内覧会で取材してきましたので、ご紹介します。

「Café&Meal MUJI」 も空間が広々。

1階には、食に関する商品が集まっています。店内で焼いたパンを販売する「MUJI Bakery」やデリカフェ「Café&Meal MUJI」、新鮮な野菜と果物を使った「ジューススタンド」、茶葉とフルーツやフラワーを合わせた32種類のオリジナルレシピからなる「ブレンドティー工房」があります。「ブレンドティー工房」のお茶は、横にあるスタンドで購入して飲むことができます。日替わりで選ばれた4種類の中から、テイクアウトできます。ベーカリーには、カウンター席も常設されており、ジューススタンドやブレンドティー工房の飲み物をもって、ちょっと一休みしたい時にも最適です。

茶葉の量り売りは、香りを確かめられます。
ブレンドティーはテイクアウトも可。

このほかに注目なのが、食品の量り売りサービス。コーヒー豆を始め、菓子やナッツ、ドライフルーツといった50種類以上の食品を1gで4円、合計20gから販売しています。必要な時に、必要な分だけ買えるのは、一人暮らしや、少量から試してみたいという様々なニーズにも合いますね。

ずらっと並ぶ、ナッツ類の量り売り。
ドライフルーツも必要な分だけ購入できます。
袋に好きなだけ詰めます。

片付けサービスや、初心者向けのDIYサポート教室の開催も!

1 2 3