ライフスタイル 日比谷公園で開催中の「東京クリスマスマーケット」に、雪が降る演出が楽しい「リンツ」スペシャルブースが初登場!

今年のクリスマスは、遠出できないのでおうちでクリスマスを過ごす人も多いようですが、やはりどこかに出かけたい。だったら、クリスマスまで開催される屋外マーケットに出かけて、お買い物や食事を楽しむのはいかがでしょう。クリスマスシーズンならではのお祭り「東京クリスマスマーケット2020」が、2020年12月25日(金)まで、日比谷公園で開催中です。今年は、チョコレートブランド「リンツ」がスペシャルブースを初めて出店すると聞き、行ってきました。

東京クリスマスマーケットとは

日比谷公園で開催中の「東京クリスマスマーケット2020」のシンボル

ドイツを中心に中世から続くヨーロッパの伝統的なお祭りが「クリスマスマーケット」です。どこの街でも中心部の広場には特徴的なクリスマスデコレーションがされ、イルミネーションや伝統的なお菓子やホットワイン、雑貨などが屋台で売られ、クリスマスシーズンに欠かせない風物詩です。

その東京バージョンが「東京クリスマスマーケット2020」で、クリスマス・オーナメントの本場であるドイツのザイフェン村からやってきた高さ14mの「クリスマスピラミッド」をシンボルに、クリスマス用の飾りを選んだり、ホットワインを飲んだりして楽しむことができます。ホットワインもいいですが、アルコールが苦手だったり、まだ飲めない時間帯だったりした場合は、あったかいホットチョコレートがおすすめです。今年は、チョコレートブランド「リンツ」がスペシャルブースを初出店しています。

雪が降る魔法がかけられた「リンツ」のスペシャルブース

雪が降る仕掛けがある初出店の「リンツ」のブース

メインのクリスマスピラミッドのすぐ横に位置するリンツのブースでは、クリスマス気分がさらに盛り上がるよう雪が降る演出が行われています。雪が舞うロマンティックな雰囲気の中、スペシャルメニューで心も体も温まります。

リンツ クリスマス スペシャル ホットチョコレートドリンク(ミルク/ダーク)マグカップとリンドール1個付き 1,300円(税込)

一番のおすすめは、「リンツ クリスマス スペシャル ホットチョコレートドリンク」です。ミルクとダークの2種類で、マグカップとリンツを代表するチョコレート、リンドール1個がついてきます。2杯目以降はこのカップにおかわりを入れてもらえます。マグカップはマーケット内のホットドリンク用カップとして利用でき、持ち帰ることができます。

2杯目からは同じマグカップに入れてもらえます。マグカップなし、リンドール1個付きで700円(税込)

東京クリスマスマーケット限定マグカップなので記念になりますね。もちろん、リンツのチョコレートも販売されているので、クリスマスギフトやちょっとしたお土産にもぴったりです。また、リンツからのクリスマスプレゼントとして、ブースでリンツのLINE公式アカウントの新規お友だち登録をすると、リンドール1個とリンツの一部店舗とオンラインショップで使用できるクーポン付きのポストカードがもらえます。なくなり次第終了なので、気になる方はお早めに。

オープニングにはサプライズライブも

広瀬香美さんのサプライズライブが行われました。

オープン当日には、リンツブースで広瀬香美さんのサプライズライブが開催されました。冬の恋の歌といえば思い浮かぶ「ロマンスの神様」の高音の歌声が、冬の夜空に広がりました。そのほか2曲披露され、寒くなってきた日比谷公園がホットな空気に包まれました。

☆☆☆

日本ではあまり馴染みがないシンボルの「クリスマスピラミッド」ですが、クリスマスツリーより歴史が古く、木の温かみが感じられる冬の風物詩としてクリスマスに欠かせない芸術品だそうです。海外に気軽に行けない今年のクリスマス、日比谷公園で海外にいるような気分でクリスマスマーケットを楽しむのもいいですね。

東京クリスマスマーケット2020 in 日比谷公園
開催日時:2020年12月10日(木)~12月25日(金)11:00~22:00(L.O.21:30)
※雨天時も開催(荒天の場合、中止する場合あり)
開催場所:日比谷公園 噴水広場

東京クリスマスマーケット2020 https://tokyochristmas.net/
リンツジャパン https://www.lindt.jp/c/rmd/japan_collection

取材・文/林 ゆり