ライフスタイル 大掃除でも大活躍!「使って良かった」とSNSで話題のダイソー掃除グッズ5つ

今年も残すはあと10日余りとなりました。年末の大仕事でもある大掃除。「終わったよ~」という余裕の声に少々焦りを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方に、ダイソーで入手できる最近SNSで話題のグッズと、今年使って良かったお掃除グッズをご紹介します。大掃除がまだ終わっていない方、ぜひ参考にしてくださいね。

カビ汚れ防止マスキングテープ

防カビ剤が配合されているマスキングテープ

最初にご紹介するのはマスキングテープ。マスキングテープは文具じゃないの?という声が聞こえてきそうですが、最近ではお掃除グッズとして人気です。
そんなマスキングテープの中でもSNSで話題になったのが、カビ汚れ防止マスキングテープ。

カビ汚れ防止マスキングテープ


これは、バスルームなど湿気の多い場所で使用するといい商品です。

窓の桟、レール部分は掃除がしにくい部分。なのにホコリはたまり、場所によっては湿気でホコリが塊になってしまうことも。
そんな部分を、このグッズでカバーしてしまおうというものです。
レール部分は凹凸があり貼りにくいのが難点。しかし貼ってしまえば、カビ汚れを防いでくれます。汚れたらはがすだけ。

少しぐらい凸凹な貼り方になっても、薄いのでドアの開閉に影響しません

また 薄手なので、貼った上でもドアはスムーズに開閉します。

大掃除が済んだら、コレを貼ると以降の手入れがぐ~んと楽になりますよ。

網戸用ワイパー

網戸用ワイパー


次にご紹介するのは網戸用ワイパー。フローリングワイパーのようにお掃除シートを挟んで使い、汚れたらシートを外して捨てるだけの、お手軽掃除グッズです。
網戸掃除にももちろん使えますが、おススメしたいのが、このワイパーを使ったトイレの床掃除。この小ぶりなワイパーヘッドはトイレの便器の奥まった床掃除にも大活躍します。

トイレの便器の奥まった床掃除もできるコンパクトヘッド


110円というリーズナブル価格なので、手軽に使えます。また手で直接トイレの床を拭く時は厚手のシートにこだわっていましたが、ワイパーなら薄手でもOK。何よりもワイパーを使用することで、トイレの床掃除への身構える気持ちが少なくなり、ちょっとした汚れをサッとふいて汚れをためてしまうことがなくなります。トイレの床掃除が億劫だと感じている方、試しに使ってみることをお勧めします。

ジェルクリーナー

ジェルクリーナー

次にご紹介するものもSNSで注目を浴びた商品。ジェルクリーナーはキーボードやリモコンなどの凹凸あるものの隙間掃除に使えるグッズです。

凸凹の表面にジェルを押し付けるようにはりつけます


使い方はキーボードにこのジェルを押し付けて、はがしていけばOK。
キーとキーの隙間のホコリがきれいにとれます。

ジェルをはがすと1度でホコリガ取れてきれいになります


毎日使っているパソコンのキーボード、今年1年の締めに、このジェルクリーナーできれいにしてみてはいかがでしょうか。

ハンディワイパー(角度調整)

ハンディワイパー(角度調整)


窓の掃除に使いたいのがこちら。ハンディワイパーです。
このワイパーの特長は角度調整ができるところ。
横に滑らす時も持ち手は垂直の角度でもOKです。

水平にも垂直にも角度が変えられます


角度調整は中央のボタンを押してするので、使用中に意図せずに角度が変わってしまうこともありません。
窓の掃除が終わったら、結露とりやバスルームの壁面の水滴とりにも使えます。また、某テレビ番組では、カーペットの掃除にも使えると、掃除のプロによる裏技紹介も。先端のゴム部分に1cm間隔で切込みを入れると、摩擦力が強くなるので、掃除機で取れないカーペットのホコリやゴミもとれるのでおススメだそうですよ。

ダイヤモンドウロコとり

ダイヤモンドウロコとり


最後にご紹介するのは、バスルームの鏡をきれいにする商品、ダイヤモンドウロコとりです。
ウロコ汚れがついて、くもってしまった鏡をきれいにしてくれるグッズ。
鏡と研磨シートを水で濡らしてこするだけでOK。

鏡に貼り付けておけるので、入浴時にササっと掃除ができます


鏡にピタッと張り付けて置けるので、湿気で濡れた状態になっている入浴中にサッとこするだけで掃除ができちゃいます。これなら新年はキレイな鏡で迎えられますね。

ご紹介したグッズはどれも110円。大掃除をちょっぴり楽にしてくれるので、ダイソーに行ったらぜひチェックしてみてくださいね。

※店舗によって品揃えが異なり、在庫がない場合があります。また掲載商品については廃盤、仕様変更等となっている場合があります。

文/栗山 佳子