ライフスタイル 【麺喰い女子】パクチー好きはもちろん、そうでない人も楽しめる!?銀座にオープンしたパクチーラーメン専門店「パクチージョーズ」実食レポ

麺喰い女子の皆さん、ラーメン食べていますか?現在は新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、都府県で次々と緊急事態宣言が発令。さらに人と人との接触を徹底的に抑えるとして、国や各自治体では飲食店を対象とした厳しい時短営業の要請を行っています。これまでコロナ禍で苦境に立たされてきたラーメン店にとって、まだまだ厳しい状況が続きそうです。

そんな厳しい状況の中訪れたのは、東京・銀座に店を構える「 パクチージョーズ 」。店名をみても分かるとおりパクチー料理を専門としたお店でしたが、昨年12月になんとパクチーラーメン専門店へリニューアルしたのです。一体なぜこのコロナ禍でこのようなチャレンジを行ったのでしょうか?

パクチー料理専門店がラーメン専門店にリニューアルした理由とは?

「 パクチージョーズ 」の店頭には大きなラーメンのメニューと、「浅草開化楼」の麺箱がありました。

パクチー料理専門店「パクチージョーズ 」がオープンしたのは2017年。そのころちょうど日本では女性を中心としたパクチーブームが到来。都内を中心にオシャレなパクチー料理の専門店が複数オープンしました。パクチーはすっかり日本へ根付いたその矢先、待っていたのが新型コロナウイルスだったのです。

「新型コロナの影響で経営が悪化し、経営方針の根本的な見直しが必要となりました。そんな時に思いついたのが、食券とフードコート方式によるラーメン専門店へのリニューアル。これだと広いスペースの店でも少人数で経営できるし、お客様への接触も極力避けることができます。ラーメンではもともと食券とフードコート方式が根付いているので、お客様も受け入れてもらいやすいと思ったのです」

こう語るのは、パクチージョーズの店舗開発を担当する奥津企久夫さん。もともと同グループでは横浜・新山下で親しまれているラーメン店「元町ラーメン 天華」を運営。美味しいラーメンのノウハウはしっかり持っていたのです。

カウンターで注文して呼び出しベルを受け取り、ベルが鳴ったら商品を受け取って食器を下げる。フードコート方式はコロナ禍でマッチしているスタイルかもしれません。
1 2 3