ライフスタイル 【麺喰い女子】アブラを食べる油そば!?超危険なカップ麺「EDGE 鬼背脂 濃厚こってり油そば」を食べてみたら……

麺喰い女子の皆さん、ラーメンをたべていますか?

今回ご紹介するのは、1月25日より発売中のカップ麺「EDGE 鬼背脂 濃厚こってり油そば」(エースコック)。“鬼背脂”“濃厚こってり”と入った商品名だけでも普通のラーメンではない予感しかしませんよね。そしてさらに、商品のパッケージをご覧ください。

エースコックの「EDGE」シリーズは驚き&やりすぎがテーマだそうです。

ラーメンにおける黄色と黒といえば、“アブラマシマシ”を予感させる鉄板のカラー。そしてカップには「大量のアブラをお楽しみ下さい」と宣言しちゃっています。一体どんなラーメンなのでしょうか?気になりすぎて、さっそく食べてみました!

スープがなく、油と調味たれで食べるのが油そば

まず「油そば」とはどんなラーメンなのか?一般的にはスープのないラーメンで、アブラと調味たれなどで味付けされています。使うアブラはごま油やオリーブオイルなどの植物系や動物系の鶏油、背脂、牛脂など、お店やレシピによってさまざまで、調味たれもしょうゆや塩、味噌などなんでもアリ。そこにお好みの具材をのせますが、チャーシューやネギといった普通のラーメンでも定番のものに加え、油そばでは生卵や海苔を入れるお店も多いようです。

そして「EDGE 鬼背脂 濃厚こってり油そば」ですが、中に入っていたのはこちらでした。

すべて後入れなので要注意です。

具材となる「かやく」は揚げ玉とねぎ、唐辛子。そして味のベースとなる「調味たれ」は、複数種の背脂原料とポークエキス、しょうゆ、塩などが入っているようです。そして仕上げに入れる「調味油」もありました。

調理法はかやくと調味たれなどを取り出して、麺に熱湯を入れて5分。カップ焼きそばの要領で、湯切り口からお湯を捨てましょう。

1 2