ライフスタイル がんは決して他人事じゃない――。知ることでできることが見つかる、がん啓発チャリティーイベント3つ

がんは生涯で日本人の2人に1人が罹ると言われている病です。世界でも代表的な病であり、誰もがいつ罹るかわからないがんについては日本も世界でもさまざまな啓発運動やチャリティーイベントが開催されています。がん治療の研究は今、新型コロナウイスル感染症の影響もあり、思うように研究が進められていないという現状があるそう。

ここでは、そんな現状や、がんについてもっと知ってもらうためのイベントを3つピックアップしました。イベントでは医師や患者の方の現場の声や、チャリティーに賛同したアーティストのライブなどさまざまな企画が実施されています。少しでも気になった方はどれも参加無料なので、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

本日開催!AIさんの新曲の初お披露目も。ガン啓発イベント「deleteC 2021 -HOPE-」

世界中の人々ががんのためにできることを考えて行動を起こす日とされているワールドキャンサーデー(2月14日)に先駆けて、特定非営利活動法人deleteC(デリート・シー)ではオンラインイベント「deleteC 2021 -HOPE-」が本日1月30日に開催されます。こちらイベントは、がんを治せる病気にする日を1日も早く手繰り寄せることを目的に、2つのがん治療研究を発表される他、総額300万円の寄付や、歌手のAIさんの新曲&新しい寄付のかたちなどが発表されるとのこと。誰でも無料で予約なしに視聴することができます。

AIさんの新曲「HOPE」が初お披露目される他、岡田武史氏もリモート出演します。

イベントでは、寄付の対象となる先生方の紹介をはじめ、研究内容を啓発ムービーを用いて説明。さらに、AIさんがライブにて新曲「HOPE」を初お披露目し、新しい寄付のカタチ「いいねの募金」の取り組みが発表されます。こちらは“いい音”を聴いて、“いいね”の想いの分だけ寄付をお願いするというものなのだそう。寄付はこちら(https://donation.yahoo.co.jp/detail/5304001/)より受付しています。

また、岡田武史氏がリモート出演し、日本を代表する著名アスリート総勢15名によるがん治療研究を応援するチャリティオークション「HOPEオークション 2021(1月29日~2月4日23:59)」の紹介も予定されています。他にも、誰もが参加できるSNS投稿企画「#whydeleteC」も実施されるそう。こちらのイベントに参加して、がんについて知ることから始めてみませんか?

日本財団の協力を受け、チャリティオークション「HOPEオークション2021」も同時開催中。

開催日:2021年1月30日(土)
時間:17:00~18:30予定(受付開始16:45)
料金:無料
公式サイト:https://www.delete-c.com/hope/2021

1 2 3