ライフスタイル 劇団☆新感線の新作『月影花之丞大逆転』は、強烈キャラ炸裂の元気になる舞台!

古田新太 が看板俳優の劇団☆新感線。新作『月影花之丞大逆転』の製作発表が、豪華キャストで1月25日に行われました。

木野花演じる月影花之丞が18年ぶりに復活

出演者、スタッフ合わせて100人規模で舞台を創り上げる劇団☆新感線。コロナ禍で通常の劇団公演ができないことから、密にならない少人数で、短い上演時間で、観た人が元気になる作品をと、新たな公演スタイルの “Yellow 新感線”をスタートさせました。

このネーミングは、新幹線を安全に走らせるために点検や診断を行なう黄色い新幹線のドクター・イエローから。その希少性から、見た人は幸福になるとも言われているので、お客様に笑顔を届けるという意味もあります。

そんな“Yellow 新感線”の第一弾が『月影花之丞大逆転』。1996年と2003年に上演された『花の紅天狗』のスピンオフ作品として、木野花演じる月影花之丞が爆発的なテンションで登場します。製作発表でも木野花だけが月影花之丞の衣装で、ラグジュアリーな籐の椅子に座って参加。その強烈キャラを披露しました。

製作発表に参加した豪華出演者。左奥から中島かずき、西野七瀬、浜中文一、いのうえひでのり、左手前から阿部サダヲ、木野花、古田新太。

ストーリーは、月影花之丞が座長を務める「劇団月影花之丞」の役者たちの日々の練習風景が描かれます。公演初日に向けて熱く激しい稽古を行なうのですが、その水面下で暗殺計画が進行していて……。約2時間、笑い満載の公演になるそうです。

1 2