ライフスタイル 2月3日に再販予定!約9万食が完売した「ANA機内食」が大人気の理由

旅行が思うようにできない今、おうちで旅気分が味わえる商品がいろいろ話題になっています。なかでもANAが発売したお取り寄せできる「機内食」が、完売→再販を繰り返すほど大人気だって知っていますか? 2021年2月3日(水)に再販予定のANA機内食を詳しくご紹介します。

1時間で完売……!話題のANA機内食とは

ANAで提供している機内食(イメージ)。

話題となっている商品が、ANA国際線エコノミークラス機内食メインデイッシュの詰め合わせ。ANA国際線エコノミークラスで実際に提供している機内食のメインディッシュ3種類が各4食ずつ入った計12食入りセットです。昨年末より「ANAショッピング A-style」などオンラインで発売され、現在までにトータルで約7,500セット、9万食が完売!2021年1月26日販売分に至っては、発売開始から約1時間で売り切れてしまったほどの人気っぷりです。

鶏唐揚げと彩り野菜弁当。

SNSでは「おうちで飛行機に乗っている気分が味わえる」「おいしい」と多くの写真がアップされ、人気が加速。単調になりがちな日々の食事に彩りを加えてくれます。また、この機内食が人気の理由の一つが「ANAを応援したい」というファンの想い。「今は飛行機には乗れないけれど、少しでも力になれれば」という購入者が続出しているようです。

2月3日再販はこちら!和食、洋食どっちにする?

冷凍便で届くANA機内食。

2021年2月3日(水)にオンラインで再販されるのは、「ANA国際線エコノミークラス機内食メインデイッシュ 和食 第2弾詰め合わせ」と「ANA国際線エコノミークラス機内食メインデイッシュ 洋食 第2弾詰め合わせ」(各税込9 ,000円、送料無料)。内容は1月26日販売分の再販となります。

機内食は冷凍で届けられ、数週間ほど保存が可能。四角い容器は冷凍庫に並べやすく収納も便利です。ただし12食分一気に到着するので、受け取り前に冷凍庫の整理をしておくことをおすすめします。

おいしい食べ方は、24時間前に冷蔵庫に移してじっくり解凍。そして食べる直前に蓋をつけたまま電子レンジで加熱します(500W 3分)。解凍しておけばすぐに食事が楽しめるので、テレワーク中のランチタイムにもうってつけ!ちなみに飛行機では電子レンジではなく、ギャレー(厨房)のスチームオーブンで加熱調理するそうですよ。

牛すき焼き丼。

和食は「牛すき焼き丼」「鶏唐揚げと彩り野菜弁当」「白身魚照り焼き」の3種類。「牛すき焼き丼」はごはんの上に牛すき焼きをのせたメニューです。甘辛の出汁で煮込まれ、しっかり味の染みたお肉や椎茸がおいしい……!豆腐はすき焼きなので焼き豆腐となっており、細やかなところまで気を抜かないANAクオリティーを感じます。

ANAファンの筆者は食べた瞬間「あぁ、この味だ……!」と懐かしさと感動を覚えました。「牛すき焼き丼」は最後にANA国際線に搭乗したときに食べたメニューだったので、なおさら感動。ここ1年「国際線に乗りたい」と悶々としていましたが、気分だけでも味わえて幸せでした。

ビーフハンバーグステーキ デミグラスソース。

洋食は「ビーフハンバーグステーキ デミグラスソース」「赤ワインで煮込んだハッシュドビーフ」「シーフードトマトバジル風味」の3種類。驚いたのが、「ビーフハンバーグステーキ デミグラスソース」のハンバーグ。美しく成形されたハンバーグを切ると、じゅわっと肉汁が溢れでてくるのです!とろっとろの半熟スクランブルエッグ、バターライスとの相性も最高。何年も機内食を食べていなかった人は、「機内食って今はこんなにおいしいんだ!」と驚くかも。

☆☆☆

上空で食べるのとはまた違った感動がある、ANAのお取り寄せ機内食。これまで飛行機に乗る機会が少なかった人も、最新のおいしい機内食を食べるチャンスです。本物と同じように、前菜やチーズ&クラッカーを準備したり、ワインとともにいただくのもいいですね。「ANAショッピング A-style」ではファーストクラス・ビジネスクラスで提供している機内ワインや、NARUMIの食器なども購入可能。おうちで旅気分を味わってみてくださいね!

・ANAショッピング A-style
https://www.astyle.jp/
・ANA公式ギフトショップ楽天市場店
https://www.rakuten.ne.jp/gold/ana-findelish/

文/小浜みゆ