ライフスタイル 話題の音声SNS「Clubhouse」って何?招待されたので体験してみた!

ルームに参加してみる

現在開催中のルームが並んでいるので、参加したいルームをタップ。

ホーム画面には、現在開催中のルームが表示されています。タップすると入室でき、モデレーターとスピーカーの話を聞けます。

・モデレーター(Moderator):司会進行役、管理人の立場の人
・スピーカー(Speaker):話者
・オーディエンス(Audience):会話には参加せずに聞くだけの人

ルームの中。モデレーターの横には緑のアイコンがついています。

聞くだけでなく、発言したいときは画面右下の挙手ボタンをタップすると、モデレーターが許可すれば、発言することができます。オーディエンスに戻りたいときは、自分のアイコンを長押しすると表示されるメニューの 「Move to audience」 をタップしましょう。

退室するには、画面左下の「Leave quietly」ボタンをタップします。

また、設けられたルームに参加するだけでなく、自分でルームを作成することも可能です。画面下の「+Start a room」をタップすると作成でき、設定は「Open(公開)」「Social(モデレーターがフォローしている人のみ)」「Closed(選んだ人のみ)」の3種類から選べます。

実際にClubhouseを体験してみて

まだまだユーザー数は多くないSNSなので、著名人や興味がある人と直接ディスカッションできるチャンスがあると感じました。

また、海外の人がモデレーターを務めるルームでは、外国語でディスカッションが行われているので、語学の勉強にもなると思います。

夜遅い時間だと、酔っているのか、半分呂律の回らない状態の人ばかりのルームがあったり、「ピカチュウしかいない部屋」では、スピーカー全員がピカチュウの真似をするだけというカオス状態だったり……!いろいろと試しに聞いてみて、そのときの自分にとって居心地の良いルームを見つければよいでしょう。

コロナ禍で、雑談に飢えている、テキストのやり取りはもういっぱいいっぱい、という人には、合っているサービスなのかなと思いました。ユーザー数がこれから伸びていくサービスだと思うので、新たな楽しみ方もどんどん生まれてくるのでは、と期待しています。

1 2