ライフスタイル 「聘珍樓」と「マジドゥショコラ」の大胆コラボ! 杏仁がチョコスプレッドになった!?

横浜中華街に本店を構える「聘珍樓(へいちんろう)」は、明治17年創業、日本に現存する最古の中国料理店です。その老舗中国料理店が手がける「Heichinrou Chocolat – 聘珍樓ショコラ -」から、堅実女子におすすめしたい、バレンタインにぴったりなチョコレート3種をご紹介します。

今年で3年目となる自由が丘の人気チョコレート専門店「マジドゥショコラ」の松室和海氏と聘珍樓とのコラボレーション。2021年は、杏仁よりも杏仁らしい「杏仁スプレッド」の誕生によりさらなる進化を遂げています

驚きの出合い!杏仁スプレッド

杏仁スプレッド 1,300円(税抜)

「杏仁より杏仁らしく」をコンセプトに作りあげられた杏仁スプレッドは、良質で香りと甘みの強い「南杏」をすり潰し、コロンビア産「トリニタリオ」種のカカオのカカオバターと合わせ、繊細な素材の持つ味と香りを最大限に引き出すため、あえて成型はせずに、ペースト状のまま瓶に詰められているのだそう。

人工的なエッセンスなどの香料は一切使用せず、カカオバターと生クリーム以外の油脂も入っていない、純粋でストレートな杏仁の美味しさを存分に堪能することができます。

ショコラティエの松室氏曰く「そのままスプーンですくって召し上がっていただくのが一番」という今までになかった新しいアプローチのチョコレートです。

Heichinrou Chocolat – 聘珍樓ショコラ – 杏仁スプレッド
1,300円(税抜)
内容量:100g/賞味期限:180日/保存方法:冷蔵保存

新作はミルク&ビターのボンボンショコラ

アソートM 2,850円(税抜)

今年、新たにラインナップに加わったのが、ショコラティエの松室氏厳選のオリジナルカカオブレンドを使用した「ミルク」と「ビター」2種類のボンボンショコラ。

「ビター」には月餅に見立てた「聘」の文字と、中国の古い判子のような書体の「聘珍樓」の2種類の柄が。素材の味を生かしたシンプルで、ストレートな、ホッとする味のショコラは贈り物にも、自分へのご褒美にも選びたくなります。

アソートM(写真)では、金箔があしらわれた 玫瑰露酒(メイクイルーシュ)も味わうことができます。 玫瑰露酒は、朝摘みの限られた時間に香りを発する花で作られる中国酒。広東では古来よりチャーシューやラプチョン(中国ソーセージ)の風味付けに欠せないお酒として活用されています。 玫瑰露酒とチョコレートを合わせた華やかで芳醇なボンボンショコラは大人の贅沢なひとときにぴったりです。

Heichinrou Chocolat – 聘珍樓ショコラ – アソートM
2,850円(税抜)
内容量:8個入(ミルク2個・ビター4個・メイクイルーシュ2個)/賞味期限:21日/保存方法:冷蔵保存

1 2