ライフスタイル 朝活の達人・池田千恵さんが伝授!朝活で夢を具体的に叶える方法

今年は朝早起きする!という目標をすでに挫折してしまった……という人もまだ大丈夫です。『朝活手帳』のプロデュースや、『「朝4時起き」ですべてがうまく回り出す!』など、時間管理の著書を出版されている朝イチ業務改革コンサルタントの池田千恵さんが、今回は朝時間を上手に使って夢をかなえる方法についてお聞きします。( 早起きを習慣化させる方法についてはこちらの記事をチェック)

早起きしたら何をしたいですか?

老後にやりたい夢は今すぐやろう!

池田千恵さん
朝6時 代表取締役。朝イチ業務改革コンサルタント。慶応義塾大学卒業。
外食企業、外資系企業を経て現職。企業の働き方改革、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活で今後の人生戦略を立てるコミュニティー「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/)を主宰。11年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

――朝時間を上手に使って夢を叶えるにはどのように過ごせばよいのでしょうか?

「私はよく『老後の夢は今すぐやろう』と言うのですが、“セレクトショップを開きたい”とか、いつかやりたいなーと思っていることは、そのやり方を調べれば意外とすぐに始められたりします。朝時間は、そんな夢を叶えるためのやり方を調べる時間にしてみてはどうでしょうか。例えば、“海の近くの場所で仕事がしたい”という夢があれば、すでに物件を探して叶えている人のブログを読んでみるとか、月額の住み放題を利用して実際に住んでいる人とか、探せば見つかってきます。自分が憧れている生活を実際にしている人を見て、“実際にはどうしたらいいのか”を、考える時間として朝時間を使うことをおすすめします」

――なるほど。将来的にやりたいことを朝時間で調べていくのですね。

「私はおかげさまで連載をいくつか抱えていますが、最初のきっかけも朝時間を使った妄想でした。『連載を始めたい、この媒体で書きたい』っていうのを考えていた段階では全くツテはなかったのですが、まずは朝時間を使って、妄想から自分で企画書をまとめていました。ある日、たまたま参加したパーティーで、書きたいと思っていた媒体の編集長さんとお会いして、名刺交換したのです。なんと『連載を書いてください』と先方から言っていただけたので、次の日に朝考えていた企画書を3パターン送りました。そうして連載をゲットできたんです」

――まさに、夢を叶えるきっかけの時間になったのですね。

「いつかできたらいいなっていうことは、タイミングが巡った時のために、進めておくことをおすすめします。最近は副業も推奨されていますが、例えば『つぶしが効かない』と思っている仕事をしている人も、スキルのシェアサイトなどで探してみると、今の仕事がいくらで売れるのか、売れるとしたら新しいことは何が始められるか、と進んでいって行動に移せるかもしれない。それを夜考えてしまうと、現実とのはざまで『いやいや無理だよ』ってなっちゃうのです。でも朝だとなぜか前向きになれる。『もしかしたらできるかも』というその勢いのまま、やってみることができると思います」

1 2