ライフスタイル 沖縄を抜いて1位となったのは?都道府県の公式観光関連サイト閲覧者数TOP15

徐々にではありますが、高止まりだった新型コロナウイルスの感染者数に減少の兆しが見えてきました。とはいえ不要不急の県をまたぐ移動はまだまだ控える必要があり、旅行を楽しめるのはかなり先となりそうです。だったらせめて「コロナ禍収まったらここに行きたいな~」と情報サイトを眺めつつ、旅行気分を少しでも味わっている人もいるかもしれません。

Go To Eatで伸び率が急上昇!大阪観光局のサイトが1位に

そこで今回ご紹介するのは、公益社団法人日本観光振興協会とネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズが協同で実施した、2020年の観光関連Webサイトの年間閲覧者数に関する調査。都道府県公式観光情報サイトの中でパソコン閲覧者数を集計したところ、以下のような結果となりました。

意外にも沖縄と並んで絶対的な人気を誇る北海道のサイトは圏外でした。

前年度比132%と閲覧数が急増し、1位となったのは大阪観光局公式サイト「OSAKA-INFO」。観光地として人気が高い沖縄県の「おきなわ物語」も抜いた、堂々の結果です。同調査によると「OSAKA-INFO」のアクセス数が急激に伸びたのは、農林水産省によるGo To Eatがスタートした2020年10月。また大阪のGo To Eatでは条件を満たした飲食をした利用者にポイントを還元する「少人数利用飲食店応援キャンペーン」など、独自の試みも行っていました。お得な情報に対するアンテナの鋭さはさすが大阪という印象ですが、自治体の試みが相乗効果となり、1位につながったのではないかと考えられます。

1 2