ライフスタイル 北欧インテリア好きな女子必見!世界初「イッタラ」のカフェ&ストアが表参道にオープン

日本でも大人気の北欧デザインを代表するブランドのひとつが、フィンランドのライフスタイルブランド「イッタラ」。

2021年2月19日(金)、イッタラ世界初の試みとなる、ストア&カフェが併設された店舗が表参道にオープン。内装デザインは隈研吾氏が手がけるこのお店について、詳しくご紹介していきます!

「イッタラ」はこんなブランド!

このロゴに見覚えがある人も多いのでは?

お皿など優美なテーブルウェアで知られているイッタラ。ブランドのなりたちについて少し触れておきます。

1881年、フィンランド南部のイッタラという村に設立されたガラス工場で、初めてのガラス製品が誕生しました。ヨーロッパ大陸ではガラス製品の製造が盛んに行われるなか、イッタラが躍進したのは1930-1940年代のこと。

著名なデザイナーたちにより、これまでの常識や限界を打ち破り、人々に美しさと機能を提供するというイッタラの哲学が誕生。今もその基盤は変わらず、長く愛されるタイムレスな製品を生み出しつづけています。

イッタラの世界を表す製品がずらり

美しいテーブルウェアはじっくり眺めるだけでも楽しい♪

ストアでは、イッタラのアイコニックな製品はもちろんのこと、特別な限定品やレア製品も取り揃えています。

例えばオープン記念として、フィンランドの伝説的なアーティスト オトバ・トイッカがデザインしたイッタラの“バードバイトイッカシリーズ”が限定販売されたり、アーティストによるシリアル番号付きの作品や、サステナブルを体現したコレクションなど、珍しいアイテムがずらり。

そのほか、イッタラがキュレーションしたイッタラ以外の高品質なフィンランドデザインを紹介していくコーナーも備えています。

北欧の雰囲気と美意識を体験

ガラスを始めとしたさまざまな素材の魅力を体感

店舗には、あちこちに北欧の革新性や美意識の高い伝統を感じる要素が散りばめられています。

壁のデザインは、フィンランドの森に着想を得ていて、壁とカウンターには一部がコーヒー豆からできたリサイクル素材を用いたり、製品のディスプレー台にはイッタラの工場から出た廃棄ガラス、パルプ、顔料、石膏、セルロース(MCC)などの素材を活用した、持続可能な什器を使用。また、カフェ側には千鳥格子の技術を用い、日本の伝統工芸と自然に対する敬意も表現しています。

ここならではの北欧メニューを楽しもう

カフェのメニューはシンプルさと北欧らしい食材にこだわり、例えば、フィンランド人のソウルフードでもあるシナモンロールや、エッグバターを添えた伝統的なカレリアパイなどを、一杯のコーヒーと共に楽しむことができます。

今後は北欧の暮らしに関連したトークショーやワークショップ、展示などのイベントも行っていくプランがあるそう。

北欧の魅力がぎゅっとつまった「イッタラ表参道 ストア&カフェ」。美しい暮らしの世界に触れることで、自分の美意識もきゅっと高められそうですね。

イッタラ表参道ストア&カフェ
〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-46-7 GEMS青山クロス 1F
TEL/03-5774-0051
E-mail/iittala.omotesando@fiskars.com
営業時間/11:00-20:00