ライフスタイル 【麺喰い女子】具材ナシでお値段490円とは!?強気すぎる一蘭のカップ麺「一蘭 とんこつ」を食べてみた

臭みのないなめらかなとんこつスープを忠実再現

中央に秘伝だれを入れるのは案外難しいことが分かりました。

完成品がこちらです。ネギやチャーシューがないのでなんとなく寂しい印象ですが、まずスープをいただきます。一蘭のとんこつスープといえば、100%豚骨から抽出したにもかかわらず臭みがまったくないまろやかな味わいが特徴。カップ麺でも一蘭のまろやかさが忠実に再現されており、香りも店で味わう一蘭とほぼ同じでした! このクオリティは正直、驚きに値します。

そして唐辛子をブレンドした秘伝だれですが、これは良くも悪くも入れることで味がかなり変わります。一蘭は通常オーダー用紙で自分の好みをカスタマイズするシステムですが、ここで秘伝だれをがっつり入れるタイプの人であれば、躊躇なく全部入れてもOK。初めての人はまず秘伝だれを入れずに食べてみて、様子をみながら少しずつ入れるのがオススメです。ちなみに入れなくても十分おいしいです。

小麦の配合、加水率などを幾度も微調整した特注ノンフライ麺を使用。

では麺はどうでしょうか?博多のとんこつラーメンの麺といえば加水率の低いストレート細麺が主流ですが、一蘭の麺には独特のなめらかさがあります。もちろんカップ麺でお店の麺のクオリティを完全に再現するのは難しいはずですが、食べた感想としては「かなり近い」。麺の歯ごたえに加えなめらかさもうまく表現されていました。

麺量60gはちょっと物足りない!?

食べてみての感想としては、とにかくお店で食べる一蘭が驚くほどうまく再現されている点にまずびっくり。そして490円の値段設定ですが、カップ麺のクオリティとしてはアリではないかと思います。しかし唯一気になったのは、ボリューム感。お店で一蘭を食べる際の麺量は100gですが、カップ麺は60g。もちろんお店のように替え玉もできないので、その点は少々物足りなさを感じました。そこをどう考えるかで490円の是非は変わってきそうですが、通常「ラーメン1杯は多すぎて食べきれない」という小食気味の女子ならピッタリなのは間違いなさそうです。

公式サイト
https://www.ichiranstore.com/shop/pages/tonkotsu-cup.aspx

1 2