ライフスタイル 生ビールと台湾茶をブレンドした「ティービール」で、気軽にひとり飲みしてみませんか?

春限定の苺アレンジティーと春のボロネーゼ

春季限定商品として販売中なのが、春の定番となった「タピオカ苺ミルクティー」(全19店舗で販売・750円)と、新発売の「中華風ボロネーゼ」(新宿エスト店以外にて販売・950円)。

「タピオカ苺ミルクティー」はジャスミンティーとミルクをブレンドしたミルクティーに、たっぷりのクリームと苺のスライスをトッピング。もちもちのタピオカも入って食べ応えも十分です。苺シェイクのような味わいですが、ベースがジャスミンティーなのでさっぱりとしていて飲みやすく、見た目にも春らしさを感じさせます。

ピンク色のミルクティーと苺のトッピングが可愛らしく気分も上がります!

「中華風ボロネーゼ」は、芽キャベツ、トマト、カイワレなどの旬野菜がたっぷりの汁なし混ぜ麺。台湾らしさを感じるウーシャン(五香)の風味が香る肉味噌と、春水堂オリジナルスパイス入り醤油に麺を絡めて、たっぷりの粉チーズと一緒にいただきます。肉味噌の甘みとチーズのコクが感じられ、鉄観音ティービールとの相性もぴったりです。

野菜もたっぷりでお腹も大満足のボリュームです

ひとり飲みでも楽しくておいしい、春水堂の春メニュー。仕事帰りにほっとした安らぎの時間を持てる“カフェでビールティー”、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

〇春水堂公式サイト https://www.chunshuitang.jp/

文/阿部純子

1 2