ライフスタイル 低脂質、高たんぱく、コレステロールフリー……。世界が注目する第4のお肉「大豆ミート」ってどんな味?

大豆ミートという言葉を聞いたことがありますか? 名前の通り、大豆が原料のお肉です。ベジタリアンやヴィーガンの間ではすっかりおなじみですが、最近はバリエーションが増えて、スーパーの精肉売り場でも買えるようになってきました。ヘルシーさがウリの大豆ミートですが、どんな味がするのでしょう? 

世界が注目する大豆ミート

大豆ミートは大豆から出来たお肉。今、世界から注目を浴びています。理由はもちろん、ヘルシー、低カロリー、ギルトフリーだからー! 

世界が注目しているのは、大豆ミートに限りません。大豆以外の植物からできた植物肉、代替肉、人工肉……などなど、いろいろな呼び方がありますが、つまり牛や豚、鶏などの畜産肉ではないお肉です。

理由はヘルシーさだけではありません。牛や豚、鶏などの畜産は、環境への負荷がものすごく高いのです。畜産のためには大量の飼料、そのための土地も必要ですし、CO2の排出量も大量です。つまりサスティナブルの面からは厳しい現実があります。また、世界規模で見れば人口は増え続けています。その人口増に畜産肉の生産が追いつかないと予想されています。といった、実はかなり深刻な理由から、畜産肉に代わるお肉、「代替肉」のニーズが高まっているのです。

代替肉のなかで、もっとも多く流通しているのが大豆を使った大豆ミートです。日本では以前から「大豆は畑のお肉」と呼ばれていましたよね。

マクロビックやベジタリアン食材のメーカー、大手では味噌メーカーのマルコメ2015年から「イズラボ」ブランドで「大豆のお肉」を販売しています。そして昨年は、大塚食品「ゼロミート」、伊藤ハム「まるでお肉!」、ニッポンハムの「ナチュミート」などなど、大手食肉メーカーが続々と大豆ミート製品を発売。2020年は「大豆ミート元年」と呼ばれるほどです。

コロナ禍の影響で、ウチで食べる食事の栄養やカロリーに気を遣う人が増えたことも一因でしょう。

3月に発売された「大豆のお肉和風ブロック」「大豆のお肉洋風ミンチ」「大豆のお肉中華風フィレ」。LA BETTOLA da Ochiaiのオーナーシェフ落合務氏監修、和洋中の味付き。各80gで、左から順番に104・91・113kcal。レトルトタイプ賞味期限8か月。
昨年10月に発売された無印良品の「大豆ミートシリーズ」。

ハンバーグ、ミートボール、ひき肉タイプ、薄切りタイプの4種類。特にハンバーグとミートボールが人気という。

3月に発売されたニチレイフーズ「大豆ミートのハンバーグ」。2個入り140g。1個あたり140kcal。

1 2