ライフスタイル チャーハンを最もよく食べる都道府県1位は石川県!最も食べていない1位は?

残ったご飯と卵、そして冷蔵庫の残り物があればフライパン1つですぐできる定番のレシピ。外食する機会が減った今の時代、気軽にできる自炊メニューとしてチャーハンをつくる機会が増えているのではないでしょうか?株式会社ニチレイフーズでは全国の一般消費者14,046名を対象に、チャーハンに関する意識・実態を調べる「全国チャーハン調査2020」を実施。あらゆる日本人のチャーハン事情について考察しています。

一番チャーハン好きが多い県は、焼き豚チャーハンを手作りするあの県!

全国チャーハン調査2020によると、20~79歳の男女のうち、1ヶ月に1回以上チャーハンを食べている人の割合(喫食率)は67.9%。さらに頻度の内訳をみると、もっとも多くのボリュームゾーンは「1ヶ月に1~3回」 (約3割) で、週に3回以上食べるチャーハン好きも約2割を占めているといいます。それらを含め1か月あたりの喫食平均回数を計算してみると、9回だそうです。さらに同調査では1か月に1回以上チャーハンを食べている割合を都道府県別で集計。その結果は以下のようになりました。

チャーハン喫食率が低い県は東北地方と九州の南のほうに集中している印象です。

喫食率が一番高かったのは「石川県」(74.7%)!同調査によると、石川県は夕飯時に温かいごはんを使って“焼豚チャーハン”を手作りする人が多いのだそうです。石川県に続くのは「三重県」(74.3%)、「滋賀県」(74.0%)、「京都府」(72.3%)ですが、東よりも西日本寄りの都道府県が多い印象をうけます。そしてもっとも喫食率が低かったのは「岩手県」。とはいえ岩手も61.0%あり、半数以上は月1以上のチャーハンを食べているのです。

1 2