ライフスタイル 東京・神奈川に続々出店中!パリ発オーガニックスーパー「ビオセボン」の気になる商品5選

1.カラフルな色合いに注目!「有機野菜」

筆者はこれまで、オーガニック商品は値段が高いというイメージを持っていました。しかしビオセボンには、通常のスーパーと値段がほとんど変わらない野菜や果物も多いことに気付きました。

「どの市場でも原料の価格が上がってきていますが、オーガニックの商材は価格の変動がそんなにおきていないため、通常の商品と差がなくなってきています。オーガニックのバナナやイチゴもおすすめですよ」と教えてくれました。

「オーガニック サラダリーフ2種とミニ根菜」(214円)
根菜を薄く皮ごとスライスすれば、まるでレストランで出てくるようなサラダが出来上がり。
「彩り根菜セット」(430円)
カラフルな野菜は食卓をパッと華やかにしてくれます。思わず手に取りたくなる野菜がたくさん揃っています。

2.好きな分を少量ずつ!ビオセボンで有名な「量り売り」

ビオセボンを語るのになくてはならないのがバルクコーナー。20gから必要な量だけ紙袋に入れて購入でき、フードロスやプラスチックゴミの削減に繋がります。

ドライフルーツやナッツ、グラノーラをサラダなどにトッピングすれば、栄養のチョイ足しにも最適です。

新商品のイチオシは、「オーガニック ダークチョコイチジク」と「オーガニック ダークチョコアーモンド」です。

「オーガニック ダークチョコアーモンド」を試食しましたが、チョコの油脂分が少なく、素材の味をしっかりと感じる味わいでした。

ほかにもオートミールやポップコーンもおすすめとのことです。ポップコーンは塩、バター醤油、胡椒など、自分の好きな味付けを楽しめます。

3.料理やスムージー作りに最適!「植物性ミルク」

カラフルなパッケージが目を引くイソラビオのミルクです。

イタリアのオーガニック植物性ミルクブランドではトップシェアを誇り、オーガニック、ヴィーガン、グルテンフリーに対応しています。

一番人気は「アーモンドミルク」。いろいろな使い方ができるのが特長ですが、驚くのがその値段。1000mlで430~463円で、こちらはビオセボンが直輸入しているからこそ実現した価格とのことです。ココナッツやライスミルクもあるので、飲み比べもしたくなります。250mlの少量サイズも171円で展開しています。

1 2 3 4