ライフスタイル あえて一人で行きたい!本を読みながら楽しめる「至福のアフタヌーンティー」とは?

ホテルでアフタヌーンティーを楽しみたいけれど、一人であの空間に行くのは勇気がいったり、友達を誘うのもまだちょっと気になる時期だったり……。なんと芝パークホテルに、あえて一人で行きたいアフタヌーンティーが登場しました!お茶とお菓子と本がある「至福のアフタヌーンティー」をご紹介します。

約500冊の本がずらり。芝パークホテル「ライブラリーラウンジ」

芝パークホテル「ライブラリーラウンジ」

東京タワーよりほど近い芝パークホテルは1948年創業の老舗ホテル。2020年11月に「水」「灯」「緑」をデザインコンセプトに1階をリニューアルし、宿泊者が自由に本を楽しめる「ライブラリーラウンジ」が誕生しました。

約500冊もの本が並ぶ

暖炉の火が灯るライブラリーラウンジに並ぶ書籍は、銀座 蔦屋書店がディレクションした珠玉のラインナップ。ファッション、建築、アートブック、小説など多彩なジャンルの本が約500冊並び、中には約40万円もする貴重な本も……!芝パークホテルは外国人ゲストを多く迎えてきた歴史があり、英語の本が6割ほど。アフタヌーンティーの利用者も、ここの本をお茶を飲みながら読むことができます。

1 2