ライフスタイル えっそれって職業!?Z世代女子が将来なりたい職業ランキングの1位とは?

かつてあらゆる分野のマーケターから注目を集めていたのは、2000年以降に成人を迎えた「ミレニアム世代女子」でした。彼女たちはデジタルネイティブ世代の先駆けでしたが、現在は物心がついたころからスマホやSNSに触れている「Z世代」が登場。10代から20代前半の彼女たちがいま、マーケティングなどで大きな注目を集めています。

インフルエンサーがダメなら安定した公務員になりたい ?

そんなZ世代女子は、自分が将来社会にでた際にどんな大人になりたいと考えているのでしょうか?そこで今回ご紹介するのは、SNSトレンドとZ世代インサイトの研究機関「memedays(ミームデイズ)」が実施した、「Z世代の将来に関する意識調査」。まずこちらによると「将来に対する考え方」について、全体の72.8%が「SNSから影響を受けている」と回答しており、将来のイメージ像については65.8%が「ワクワクする」と回答しているといいます。

そんな彼女たちは将来どういった大人になりたいのでしょうか?そこで「将来なりたい職業」を尋ねてみたところ、以下のような結果となりました。

小学生女子に人気の「ケーキ屋さん」や「カフェ店員」はさすがに入っていません

なんと1位にランクインしたのは「インフルエンサー」(21.1%)。ちなみにインフルエンサーとはSNSを通じて影響力がある人の総称で、そこにはユーチューバーや芸能人、スポーツ選手などさまざまな職業の人が該当します。つまりインフルエンサーじたいは職業ではないのです。そして3位に「芸能人(歌手・俳優・声優など)」がランクインしていますが、とにかくSNSやメディアを通じて何かを発信して影響力を持つことに強い憧れを感じていることがうかがえます。

が、その一方で興味深いのは、その他でランクインしているのが「保育士・幼稚園教諭」「公務員」「教師・教員」とすべて安定した仕事である事実。発信力を求める一方で、強い安定志向も同時に持ち合わせているのがZ世代の特徴なのでしょうか?

1 2