ライフスタイル 知れば知るほどすごっ!ホテル雅叙園東京・百段階段で開催中の「こだわりのモノづくり~超絶技巧の世界~」

美は細部に宿る。その言葉を実感できる企画展がホテル雅叙園東京の「百段階段」で開催されています。フォトジェニックな企画展でおなじみの百段階段ですが、今回新たにスタートしたのは細やかな日本の伝統技術にフォーカスした新イベント。「こだわりのモノづくり~超絶技巧の世界~」をレポートします。

一度は見たい東京都指定有形文化財。ホテル雅叙園東京「百段階段」とは

ホテル雅叙園東京の百段階段

東京都指定有形文化財の百段階段は、1935年に建てられホテル雅叙園東京館内で現存する唯一の木造建築。坂沿いにあるその立地に合わせ99段の階段廊下が7つの部屋を繋いでおり、各部屋は著名な芸術家による見事な芸術品で彩られた雅な空間となっています。

漁樵の間

ホテル雅叙園東京の創始者・細川力蔵は当時震災などで活躍の場を失っていた芸術家たちを集め、住み込みで数多くの作品を制作させていました。そのためホテル雅叙園東京には現在でも約2,500点もの日本画や美術工芸品が残り、百段階段ではその名作を日帰りで見学できます。

驚くような技術ばかり。「こだわりのモノづくり~超絶技巧の世界~」

「こだわりのモノづくり~超絶技巧の世界~」

百段階段で2021年3月21日(日)から6月25日(金)まで開催している企画展が、「こだわりのモノづくり~超絶技巧の世界~」。美しい美術品だけでなく建築自体の美しさにも焦点を当てた企画展で、大工、画家、職人などあらゆる分野の超絶技巧の技を間近に見られます。

十畝の間

百段階段の1つ目の部屋は、日本画家・荒木十畝による四季の花鳥画が美しい「十畝の間」。床柱、黒漆の螺鈿細工、七宝焼と、最初の部屋から見どころが盛りだくさん!このあと「漁樵の間」「草丘の間」「静水の間」「星光の間」「清方の間」「頂上の間」と続き、見逃してしまいそうなほど細やかな技術を詳しい説明とともに堪能できます。

百段階段はさっと見れば30分でも見学可能。でも余すことなく見て欲しいので、1時間半〜2時間は予定しておくことをおすすめします。

組子障子「菱組」

特に注目なのが釘や接着剤を使わず、1mmのずれもなく作られた「組子障子」。誰もが一度は見たであろう有名な日本の伝統工芸ですが、その模様にそれぞれ意味があることを知っていますか?升形を組み合わせた「升つなぎ」は”ますます”の繁栄、無病息災、子孫繁栄といった願いが込められ、繁殖能力の高いヒシの実または葉を図案化した「菱組」は無病息災を願う文様として親しまれています。

一見シンプルに見えるものの方が、実は難しい技が取り入れられていることも。例えば縦・横・斜めの木材で組まれる組子は互いの木材が支えになり、形がしっかり定まります。しかし十畝の間にある菱形の「菱組」(写真)は斜めの木材のみで組まれ、上下の幅を固定する縦・横の木材が無いため、上下に形が伸び菱形ではなく正方形のようになってしまう傾向にあります。その伸びも計算して組む必要があるので、菱組はとても難しい技法とされています。企画展ではそのほか「卍」「麻の葉」「松川菱」といったさまざまな模様の組子障子を紹介しています。

現代の”神の手”をもつ作家の作品を見学

中山ゆかり「ペーパーアート」

「こだわりのモノづくり~超絶技巧の世界~」では百段階段で見られる匠の技のほか、現代の神の手をもつ作家による作品も展示。前期の2021年3月21日(日)~5月23日(日)は「現代の超絶技巧作家たち 神の手による紙わざ~究極のペーパークラフト~」、後期の6月1日(火)~6月25日(金)は「伝統工芸作家による匠の技と未来への発想」が鑑賞できます。

立体切り文字作家・笹尾 真『積む 太宰治 「富嶽百景」より』

写真は文豪たちの名文を、紙で立体的に表現している立体切り文字作家・笹尾 真さんの作品。実物を見ると幾重にも重なる紙、そして繊細に切られた文字に驚きます。展示品は一部を除いて購入も可能。

伝統工芸を体験できる「組子キット」

「こだわりのモノづくり~超絶技巧の世界~」は当日券・大人1,000円(税込)で、数量限定で組子キット付チケット1,800円(税込)も販売。パーツを組み合わせて組子の体験ができる組子キットは、職人の技術の高さを体感できます。

☆☆☆

知れば知るほど匠の技のすごさに驚く、ホテル雅叙園東京・百段階段「こだわりのモノづくり~超絶技巧の世界~」。日本文化の素晴らしさを再確認できる企画展で、雅な休日を過ごしてくださいね。

・「こだわりのモノづくり~超絶技巧の世界~」
開催期間:開催中〜 2021年6月25日(金)
※4月13日(火)〜4月19日(月)、5月24日(月)〜5月31日(月)は休館日
開催時間:12:30〜18:00 (最終入館 17:30)
会場:ホテル雅叙園東京内 東京都指定有形文化財「百段階段」
URL:https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100event/monozukuri

取材・文/小浜みゆ