ライフスタイル 山下智久CMでも話題!129種も展開する新サングラスブランド「JINS&SUN」の気になるアイテム8選

JINSから新しくデビューしたサングラスブランド「JINS&SUN(ジンズ アンド サン)」。“EVERYDAY EYE WEAR”をコンセプトに、今季はファッションデザイナーNIGO(R)氏を監修に迎え、かける人もシーンも選ばない、自由で新しいそれぞれのライフスタイルにあわせたサングラスを提案しています。

2021年4月1日よりオンエアしているWEB CMには山下智久さんが登場!

ブランド最大の特徴は、そのコンセプトを表すがごとく、LAUNCH COLLECTION・NEW STANDARD・BASIC・POP・MODERN・ ACTIVE・SPORTSの7カテゴリ、全41型129種という驚きの数を展開。

JINS&SUNのキービジュアル

誰の顔にもフィットするベーシックなものから、今の空気を感じさせるもの、個性を強調するもの、スポーツなどアクティブシーンに対応するもの……と、それぞれの人の求める目的に寄り添ったサングラスが見つかります。

NIGO(R)氏監修 によるポップアップイベント会場。ディスプレイされている素敵なインテリア家具も NIGO(R)氏さんの私物とか!

ブランドローンチにあたり、NIGO(R)氏監修による完全招待性のアパート型ポップアップイベントが開催され、建物まるごと世界観を味わえるとともに、気になるアイテムもチェックしてきたのでご紹介していきます。

「ローンチコレクション」名品の風格がアップデートして新しい顔に

3型 12種 各8,800円(税込)

ブランド象徴するこのコレクションは、NIGO(R)氏が数あるサングラスや過去のデザイン要素まで遡り、ヴィンテージに今のアレンジを加えて新解釈した”Next Vintage”がキーワード。ものしさもありながら、新鮮に感じられるアイテムが揃います。

 太めのフレームを少しラウンドさせ、ヴィンテージ感のあるカラーに。Judy  8,800円(税込)
モダン(耳にかける、つるの先の部分)にロゴ入りメタルパーツがはめこまれているのは、このコレクションだけ!

「ニュースタンダード」誰もが気軽に楽しめるサングラス

「サングラス=主張が強いもの」というこれまでの常識を覆すべく、サングラスとしての機能はそのままに、ボリュームや存在感を調節し、誰の顔にも自然にフィットするフレームに。

ブラウンのフレームに部分的にメタルをあしらったり、フレームの下半分は色を薄くすることで、メガネライクに圧を弱めたサングラス。薄めのレンズも今のトレンド。 LUF-21S-104 5,500円(税込)
一部アイテムには、メガネで好評だった”ヒンジレス”(つるを折り曲げる金具がない)フレームを採用。フレーム全体で顔にフィットするため、耳への負担が少ない。
1 2 3