ライフスタイル 季節は桜から新緑へ。GW期間も楽しめる、緑感じる屋外イベント&テラスプラン3選

国宝もライトアップ!東福寺の青もみじのライトアップが今春初実施!

京都で最大級の大きさを誇る禅寺「臨済宗大本山 東福寺」では、4月29日から6月13日までの期間限定で「国宝ライトアップ 特別夜間拝観・青もみじライトアップ 特別散策」が実施されます。紅葉の名所として知られる東福寺ですが、青もみじも圧巻の美しさ。青もみじのライトアップは東福寺で初の試みとなり、同イベントでは新型コロナウイルスと闘うすべての医療従事者の方への感謝の意を表現するとともに、拝観料の一部が募金されるとのこと。

青もみじと国宝がライトアップされます。

ライトアップのテーマは「Light of Hope for the Future~未来を照らす希望の光~」。会場の一部では新型コロナウイルスと闘うすべての医療従事者の方への感謝の意を表現するブルーのライトアップが実施予定。今回の拝観料の一部が募金される他、事前インターネット予約の窓口ともなる「東福寺ライトアップ」特設サイト(下記URLより)では医療従事者の方への応援コメントも募集されています。

ライトアップでは、国宝であり日本最古の巨大山門「三門」や、国指定名勝である「東福寺本坊庭園」が昼間とは違った美しさを見せてくれますよ。インターネットの事前予約のみお土産付きなので、事前に予定が組めそうな方は事前予約をご活用ください。

「三門」は室町幕府第四代将軍・足利義持が再建した五間三戸二重門。

開催期間:2021年4月29日(木・祝)~6月13日(日)※中止・変更の可能性あり
時間:18:00~21:00(最中受付20:00)
料金:事前インターネット予約3,500円、当日会場で受け付け 3,800円 ※小学生以下無料、事前インターネット予約はお土産付き
場所:京都府京都市東山区本町15-778
公式サイト:https://lightup.tofukuji.jp/

1 2 3