ライフスタイル コロナ禍で4人に1人は1日10回以上も点眼!“目薬さしすぎ”で起こるリスクとは?

コロナ禍による外出自粛の影響で、動画やスマホをみる時間が増える傾向にあります。その結果目を酷使してしまい、目薬を使う頻度が高まっているようです。角膜(黒目部分)の傷リスクとケア方法について啓発を行う「現代人の角膜ケア研究室」が普段から目薬を使用しているユーザーを対象に実施した調査によると、コロナ禍となった2020年4月以降の点眼回数が「増えた」と回答した人は47.5%となっています。

画面を見続けると目が乾くから……

目の症状を感じるたびにとりあえず点眼する人が約半数

では点眼回数が増えたという人は、1日にどのくらい目薬を差しているのでしょうか?ちなみに調査を実施した現代人の角膜ケア研究室によると、目薬の適正回数の上限は6回とのこと。こちらを超える7回以上点眼した人の割合について調査したところ、以下のような結果となりました。

10回以上点眼するのは、もはや依存症?

7回以上となったのは26.0%。うち14.6%が10回以上点眼しており、中には「22回以上」と回答した人も0.2%いました。これらの人に点眼回数への意識について聞いたところ、48.8%の人が「回数の上限にこだわらず、症状を感じるたびにさしている」となっています。そのほかの結果は次の通りとなりました。

点眼回数への意識

回数の上限にこだわらず、症状を感じるたびにさしている……48.8%

症状とは関係なく、1日の決まった時間でさしている……22.9%

症状を感じる前に、できるだけこまめにさすようにしている……18.3%

症状を感じても、一定回数以上ささないようにしている……5.5%

説明書にしたがって、適切な回数をさすようにしている……4.5%

一定回数や適性回数を意識している人はわずか10%。それ以外の人は回数にこだわることなく症状や時間などによってさす頻度を変えていることが分かります。

1 2