ライフスタイル 激かわグッズも見逃せない!特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」に行ってわかった見どころ全部

日本でもっとも親しまれ、愛されている国宝のひとつといっても過言ではない鳥獣戯画。

このビビッドに彩色されたド派手なビジュアルもワクワク感を高めます!

2021年4月13日(火)から東京国立博物館(通称トーハク)平成館にて、特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」が開幕。

鳥獣戯画の展覧会史上初めての一挙公開とあって、開幕前からSNSでも話題の本展について、内覧会で実際に目にした見どころや、気になるグッズについてご紹介します。

音声ガイドは借りるべし!

音声ガイドは600円/台(税込)

本展のガイドナビゲーターを務めるのは、声優の山寺宏一さん。ときには絵巻の中のキャラクターと会話しながら進める臨場感あふれるトークが耳にここちよく、閲覧しながら自分では気づけないポイントや、歴史的事実への知識が深められ、より楽しく見られること請け合いです。

ガイドの画面にもちょいちょいキャラクターや絵の説明が登場

鳥獣戯画全4巻をさまざまな形で見られる

擬人化した動物たちや人々の営みを墨一色で躍動的に描いた鳥獣戯画。もともと人気のある作品であることに加え、本展では甲・乙・丁・丙の全4巻からなる巻物で、その全場面がすべて公開されています。

会場は大きく3つのパートに分かれています。

猿を追いかける兎と蛙や、兎と蛙の相撲など、一度は目にしたことがあるシーンが収められている甲巻。

ゆるやかな坂も多用されていて、蜜を避けるため立ち止まらせない工夫があちこちに。

シーンごとにクローズアップして説明を加えたパネルがあり「あ、あのシーンはそういうことをしていたのね」とフムフム納得したあとに、巻き物全体を動く歩道に乗って眺めるという、画期的なシステム。

これ、自分で歩くようにしたら、この有名なシーンをじっくり見たい人だかりで、先が進まなくなちゃうと思うんですよね。巻物という通常にない長さの作品と、動く歩道の相性は抜群だと思いました。

そして同じ甲巻でも、前半と後半で紙の質感が違ったり、動物たちを描く線の太さが変わっていったり、別の人物が書いたのだろうと考えられている理由がわかります。

1枚になっているからこそ、シーンや筆致の移り変わりが楽しい♪

続いて乙巻では日本の実在する動物たちから、異国動物や龍や霊獣などが描かれています。
前半はすらすらと勢いのある筆致で、後半は実際に見たことがない動物たちのせいか、慎重な筆運びになっている楽しさも。

そして鳥獣戯画であまり知られていない事実として、人間たちも描かれています。丙巻では、前半が動物戯画、後半が人間戯画が描かれています。

最新の丁巻は遊び心いっぱい

最後丁巻は、甲巻と丙巻の影響を強く受けていると言われており、擬人化した動物たちで描かれていたものを再び人間に戻して描いてみたり、チャレンジングな表現も楽しめます。

もうひとつの見どころは「断簡と模本」

何枚もの紙をつないでつくられる絵巻は、時代を経るうちに糊が剥がれて紙の順序がわからなくなったり、入れ替わったりすることも。

抜けた画面を掛け軸に仕立て直したものを「断簡」といい、世界中で見つかった「断簡」も展示されています。

どんなシーンか詳しく図解もされていて安心!

また、巻物のパーツとしては見つからなかったシーンを知るヒントとなるのが、手で書き写された「模本」の存在です。これがあることで、失われたシーンの補完がされたり、狩野探幽のような有名な絵師が模本を作成していたり、作品として見ても楽しいものでした。

さまざまな資料の情報を総合して、もともとの甲巻こうだったのではと再現

鳥獣戯画が伝わる京都の高山寺の歴史も

一気に展示の趣きが変わり、飽きさせません!

鎌倉時代の僧、明恵上人によって再興された高山寺。展覧会の後半は、今なお高山寺に保存されている美術品や、重要文化財「明恵上人坐像」をはじめとした明恵上人の魅力に迫る展示が楽しめます。

1 2