ライフスタイル 髪だけじゃない!「美容ドライヤー」で顔も全身も丸ごとケアができるって……どういうこと?

サロンに行きたいけれど、なかなか行けない。そんなときは、自宅でのセルフケアが必須ですが、あれもこれもと美容機器をそろえるのは大変です。だからといって、ヘアケアとスキンケアのアイテムは、それぞれ別にそろえなければと思っていたら、なんと1台で、髪、顔、全身に使える美容機器がありました。それが 「CALEA(カレア)」 の復元ドライヤーです。その驚きの機能と使い方をご紹介します。

これ1台でヘアケアも全身ケアもOKの美容ドライヤーとは

CALEA 復元ドライヤー オープン価格 ※22,000円(2021年4月編集部調べ・税込み)

髪だけでなく全身のケアができる「CALEA」復元ドライヤーは、発売から約4年で累計出荷が約50万台(2016年1月~2020年1月まで。マクセル調べ)と人気の新感覚ドライヤーです。

サロン向けに「LOUVREDO」が販売する復元ドライヤーを2015年から製造受託している「マクセルイズミ」が製造を受託し、家電量販店向けに「マクセル」が販売しているドライヤーです。2社共同特許を取得している2種のセラミックフィルターを配置した構造で、髪だけでなく、全身ケアもできるという優れもの。付属のイオンパウダーを配合したビューティーローラーを併用して全身ケアが行えるという美容ドライヤーです。髪を乾かすだけでなく、ケアしながら乾かし、全身のケアに使えるなんて便利ですよね。

髪が傷む原因は、カラーリングなど薬剤や日焼け、さらにドライヤーの熱など、さまざまです。髪を乾かさずにいると、キューティクルが剥がれやすく良くないことは知られていますが、ドライヤーの熱でもダメージがあります。毎日のことなので、悩ましいですね。

髪が傷んでいる状態というのは、髪のたんぱく質が部分的にこわれてしまっている状態。たんぱく質は、60度以上の熱を与えるとこわれてしまい、一度白くなった卵の白身が二度と透明に戻らないのと同じで一度壊れるともとには戻せません。ということは、一般的なドライヤーは約120度。髪に到達するころには、約92度だそう。ドライヤーの熱を見直す必要がありますね。

「CALEA」 は、HIGHモードで80度、髪の到達する頃には約50度になります。LOWモードなら、65度に設定されています。しかも、HIGHモードで750Wと一般的なドライヤーより消費電力が少なくお財布にもやさしい設計です。

低温では乾かないのではないかと気になりますが、特許取得の吹き出し口に搭載された2枚のセラミックフィルターによって、育成光線とマイナス電子のエネルギーが放出されることで、低温で乾かすことを可能にしています。

育成光線とは、遠赤外線の特定の波長帯で、マイナス電子と低温乾燥機能とのチカラで髪の乾かしすぎを抑制し、潤いあるツヤ髪に導きます。

ドライヤーでケアするという新たな発想で、乾かすこととケアが一度にでき時短になりますね。通常のドライヤーとは使い方が違うので、ポイントを押さえておきましょう。

1 2