ライフスタイル 切る、炒める、揚げる!本格四川料理を「音」で楽しむ、京都祇園の美味しい“黙食コース”って何?

食事中の会話が難しくなる中、ウィズコロナ/ポストコロナの時代に向けて、黙って食べることを楽しんでもらおうという、新しい“黙食”スタイルへの取り組みをご紹介します!

「伝統×現代」の調理法で生み出すメニューが人気の本格四川料理店「祇園四川 燕来房(ヤンライファン)」。2020年8月に店内を半個室と個室に改装するなどの新型コロナウイルス感染の防止に取り組み、さらに“黙食”を楽しむ体験のひとつとして「音で楽しむ黙食」を企画しました。
(※掲載内容はすべて配信日時点のものです)

“黙食”コースに合わせ「音」にこだわったWebサイトもスタート

四川料理を「音」で楽しむ!

試食を兼ねた内覧会では、企画に参加する料理長の原圭史さん、クリエイティブディレクターの梶友宏さん、食と音楽を融合させたイベントを手掛ける料理人と音楽家のユニット「EATBEAT!(イートビート)」が、新しい黙食スタイルについて説明しました。

まず注目したのが、「辛いものが苦手でも『美味しい』と言われる四川料理を味わって頂きたい」という原料理長の思いと、中華料理ならではの躍動感あふれる調理スタイルでした。「中華料理は火を扱う調理音がとても特徴的。煮込んだり炒めたり揚げたりする時の“音”を、お客様にも体験していただきたいと考えました」と梶友さん。

右から、料理長の原圭史さん、クリエイティブディレクターのTOMODACHI Ltd.代表 梶友宏さん、ユニット「EATBEAT!」の料理開拓人・堀田裕介氏さんと音楽家のhenlyworkさん

音の調理ではEATBEAT!に腕前を発揮してもらい、野菜を切る包丁のリズミカルな音や、鍋に油をかけるダイナミックな生音をマイクで収録。さらに食事中に心地良く聞いてもらえるよう、京都の街で探した音をリミックスして、オリジナル曲「The Beat of Sichuan!(ビートオブ四川)」が完成!会場では実際の調理とその音を収録して音楽を作り上げる様子も披露されました。

料理と音楽を作る様子

EATBEAT! のメンバーで音楽家のhenlyworkさんは「改めて音を録ってみると、中華料理はスピード感がものすごい。そのシャープさが損なわれないように気を配って作曲しました」とのこと。

音を調理するところも披露されました。
1 2