ライフスタイル ジャンクだけどヘルシー、そしておいしい! 植物由来の原料を使った「2foods」のドーナツやガトーショコラを食べてみた

プラントベースドフードの実力は?

ボリュームたっぷり「ソイチキンタツタドーナツサンド」。

ソイチキンタツタドーナツサンドです。ヘルシーな点は、主に、動物性原料不使用。低トランス脂肪酸の油を使用。ソイチキンでたんぱく質を摂取できる、などです。

大豆由来のチキン。意外と噛み応えがあり、言われなければ大豆だと気づかないでしょう。味は、たっぷりの濃厚なタルタルソースがからんで、単独ではよくわかりませんが、全体としてはおいしいです。ソースも乳製品不使用のプラントベースド。いちばんの特徴は、挟んでいるのがバンズではなくドーナツであること。新感覚ドーナツ総菜です。

次にプラントベースドドーナツです。

奥左からピーナッツチョコレート、手前左ラズベリーピスタチオ、手前右プレーン。奥右あんバターのドーナツ。

動物性原料不使用ということで、卵、牛乳、バターが入っていません。その他の主なヘルシーな点は、合成の着色料や保存料、化学調味料が不使用であること、低トランス脂肪酸の油の使用などです。特殊なフライヤーを使用し、揚げ油の吸油率を下げ、オリジナルの生地は長時間低温発酵させ、深いうま味を引き出すことに成功している(2foods東義和さんより)ということです。

ラズベリーピスタチオドーナツをひとくち囓ると、生地のふわふわ感が感じられ、ジュワッとしみ出る感も味わえます。卵や牛乳など乳製品を使わなくてもドーナツそのものでした。

気になるカロリーですがソイチキンタツタドーナツサンドが528kcal、ラズベリーピスタチオドーナツ380kcalと、特に低いわけではありません。ただ、たんぱく質が摂取できる点で、栄養バランスは比較的いいという印象です。

「生食感の濃厚ガトーショコラ」も食べてみました。

「生食感の濃厚ガトーショコラ」。でも、プラントベースド&グルテンフリー。

ネーミングの通り、生食感で濃厚です。

原料に、特許製法の超微粒玄米粉、カカオポリフェノールが豊富なハイカカオチョコレートを使用。これらが濃厚なカカオ感と、なめらかさを演出しているようです。低糖質のアーモンドミルク、オーガニックシュガーにより、甘みもしっかり確保。

オンラインで注文すると冷凍便で届きますが、溶けかけたところで食べてもよし、解凍して食べれば生チョコレート風に、常温で食べればテリーヌショコラ風、温めればフォンダンショコラ風と、さまざまな味わい方が楽しめるのも特徴です。特に温めて食べると、甘さが際立ちます。

1 2 3