ライフスタイル 3万本限定だから売り切れ前に急いで~!成城石井の「リリコイバター」の濃厚トロピカル風味に悶絶必至

成城石井のフルーツバターシリーズといえば、フルーツの味わいとバターの風味をしっかり感じられる人気商品! 新作「リリコイバター」が約3万本限定で発売になったと聞いて、さっそく味わってみました。

「リリコイ」はハワイの「パッションフルーツ」のこと

そもそも「リリコイ」とはなんぞ?という話なのですが、ハワイで「パッションフルーツ」を差すのだそう。

海外旅行にいかれない今、おうちでハワイ気分を味わえるようにと開発されたのが、この「リリコイバター」なのです。

ふんわり香るパッションフルーツの香り!

よく目を凝らすとバターの粒粒が……

蓋をあけるとさっそくパッションフルーツの香りが鼻をくすぐります。わ、華やかでおいしそう…と目をこらすと、黄金色のもったりしたテクスチャーのなかに、バターが細かく混じっているのがわかります! 

まずは王道、トーストにつけてみる

焼き網でトーストを焼くの図。金のトースト4枚切りです。

シンプルに「リリコイバター」を味わってみたかったので、トーストを用意します!

ちなみにトーストを焼くときは辻和金物の焼き網を使い、“ていねいなくらし”気分になっています。……ていねいなのか?手抜きなのか?

黄金にキラキラ輝いていて尊い!

さておき、焼けましたので「リリコイバター」をオン! ひとすくいで伸びはいいです。

この時点では「ジャムみたいなもんだろう」と思っていました……

さて、食べてみて一番初めに思ったことは「うん、ジャムとは全く別物」ということです!

トロピカルフルーツのほどよい酸味と特有の風味が際立っているのを、バターのクリーミィさが間を繋ぐ役割を果たしていて、バターの味わいもしっかり感じられます。

いうなれば、ヤンキー君とまじめ君の間をとりもつ、面倒見のいい委員長(女子)の役割をバターが果たしてくれています。

お互いが打ち消しあうことなく、両方の味わいが絶妙に楽しめるバランス……。バイヤーの方が「開発にあたっては甘酸っぱさとまろやかさのバランスにこだわり、フルーツとバターの配合に試行錯誤を重ねました。甘酸っぱさが強烈すぎると食べ疲れてしまい、逆にバター感が強すぎると春夏には重たい味わいになってしまうため、何度も試作を重ねました」とコメントされているのがよくわかります。

個人的には、スコーンやベーグルなど、しっかりしたものにつけても、味の存在感があるのでおいしそうだなと思いました。

ヨーグルトにもかけてみたら画期的な味わい

個人的にはパンよりヨーグルトがけを推したい

あまりにのおいしさにほかのものでも試してみたくなり、プレーンヨーグルトにかけてみました。

ひと口食べると、これは驚き!  ヨーグルトにジャムやはちみつを添えるときは、基本的に別々のものを同時に口に入れることで味が混ざりますよね。

しかしこの「リリコイバターがけヨーグルト」。
バターとヨーグルトの乳製品同士がまじりあうのか、一体化具合がすごいんです。 ヨーグルトとジャムをぐるぐる混ぜたのとは全く違う、お互いが溶けあっている感じとでもいいましょうか。「リリコイバターとヨーグルト」ではなく、「濃厚なリリコイヨーグルト爆誕!」って言ってもよいのではないでしょうか。

トーストで「リリコイバター」の特徴はわかったはずなのに、続けて食べたヨーグルトで、こんなに驚くとは思いませんでした。

何につけてもおいしく楽しめる、夏の味わい「リリコイバター」。ほどなく売り切れてしまうと思われますので、気になる方は、今年の初夏の味覚を早めに舌に刻んでくださいね! 店頭あるいはオンラインショップで購入可能です。

成城石井オンラインショップ
https://www.seijoishii.com/