ライフスタイル おうちご飯で実践してみたい!管理栄養士が提案する、働く女性にベストな「コンビニごはんの組み合わせ」とは?

なかなか先の見えないコロナ禍。長引く外出自粛生活で、食生活が偏りがちになっている堅実女子も多いのでは?どんなに料理が好きな人だって、毎日3食自炊をずっと続けるのはしんどいですよね。苦手な人なら尚更でしょう。

そんな人たちの多くが頼るのがコンビニごはん。“便利・リーズナブル・美味しい” の3拍子揃う働く堅実女子の頼もしい味方です。

「でも、コンビニごはんって、なんだかんだ言っても体に良くなさそう……」と思っている人もいるかもしれませんね。実は、コンビニごはんは組み合わせ次第で、いかようにも力を発揮してくれるのです。

「どうやって選べばいいの?」と言う人に、おすすめしたい本が『カラダにやさしいコンビニごはん100』(小学館)。さまざまな健康不安に合わせて、東京労災病院 治療就労両立支援センター 管理栄養士の平澤芳恵さんがコンビニごはんの組み合わせを提案しています。

平澤芳恵さん
管理栄養士。予防医療に加え、治療と仕事の両立支援をするため、東京労災病院 治療就労両立支援センターで食事の取り方などをサポート。メタボリック症候群予防、働く女性の食生活などをテーマに、栄養相談や講演を実施。

今回は、堅実女子の悩みとして多く挙げられる「貧血」「生理痛」「冷え」「便秘」「エイジングケア」別におすすめのコンビニごはんの組み合わせをピックアップ!

1.貧血

女性に多いと言われる貧血。実際に悩んでいる堅実女子も少なくないはず。疲れやすかったり、立ちくらみを起こしたり、辛いですよね。髪の毛がパサつく、爪が割れやすいといった悩みを抱える人もいるようです。

貧血に悩む人がしっかりと取りたいのが、鉄分とたんぱく質。例えばこんな組み合わせなら、美味しく無理なく食べられそう!

鉄分とタンパク質をしっかり取って、貧血を吹き飛ばそう!(本書より抜粋)

2.生理痛

多くの働く堅実女子の悩みである生理痛。薬を飲んで何とか我慢している人も少なくないよう。日々の食事で気を付けることがあれば、ぜひ取り入れたいものですね。

生理痛を引き起こしやすい生活習慣の一つに、肉や魚を取る機会が少ないことが挙げられます。こんな組み合わせでビタミンやミネラルが豊富なバランスのとれた多品目な食事を意識してみては?

罪悪感なくしっかり食べられそう!(本書より抜粋)

3.冷え

冬は気温自体の低さ、夏はエアコンの冷風など、年中冷えに悩まされている人も多いのでは?「冷えは万病のもと」と言われるほど、さまざまな不調につながる可能性があるものです。

例えば、こんな組み合わせ。鮭に多く含まれるたんぱく質は熱を生み出す筋肉を作り、豚キムチは体を温めてくれます。

体の中から温まりそう!(本書より抜粋)
1 2