ライフスタイル 「ビールを飲むとビール腹に」は間違いだった!? みんなが意外と知らないお酒のカロリー

太りそうなイメージの日本酒も、実は低カロリー

2位以降は、日本酒、ウィスキー、焼酎、ワインの順に。日本酒は、お米が原料であるため太りそうなイメージがあるようですが、こちらも実際は100mlあたり100kcalほどで、お酒の中でも比較的低カロリーです。
ランキングのなかでは、3位のウィスキーはイメージどおりお酒の中でも高カロリーの部類に入ります。それぞれを選んだ理由についてはこちら。

日本酒
・お米を原料にしているため、他のものと比べると高いのかなと予想しました(20代/男性/自由業・フリーランス)
・あまり飲まないのですが、日本酒だと思います。日本酒は米が減量なのでカロリーは一番高いと思います(30代/男性/会社役員)
ウイスキー
・ウイスキーを飲むようになったら尋常じゃなく太ったように思います(30代/女性/会社員)
焼酎
・芋焼酎や米焼酎とか考えると、どれだけ炭水化物なんだ! と感じます(40代/女性/パートアルバイト)
ワイン
・甘いし、ぶどうやフルーツを使っているからそのくだもののカロリーが影響してそう(30代/女性/無職)

アンケートからも、ビールや日本酒のカロリーが高そうだと感じている人が8割近くと、かなり多いことがわかりました。実際には、お酒そのもののカロリーではなく、一緒に食べている“おつまみ”が太る要因であるというのが実情です。
おつまみのカロリーを気にすれば、安心してお酒を飲むことができるということ。「お酒で太りたくない!」と思っていた人は、ぜひ心がけてみてくださいね。

【参考】※ 株式会社湘南貿易

1 2