ライフスタイル 働く女性の半数以上が感じたことのある「五月病」。思い当たる原因TOP3、3位ライフステージの変化、2位入社、1位は?

新しい生活がはじまる新年度がスタートしてゴールデンウィークが明けると、体や心の不調を感じることが増えるといいます。これがいわゆる「五月病」ですが、株式会社キャリアデザインセンターが働く女性を対象に実施したアンケート調査 によると、仕事をしていて「五月病かも?」と感じたことがある女性は、「やや感じたことがある」を含めると56.3%だそう。半数以上が自覚した経験があることが判明しました。

ライフステージの変化よりも危ない「仕事内容の変化」

では「五月病かも?」と感じたことに関して、思い当たる原因はどんなことだったのでしょうか?同調査によるアンケートの結果は以下の通りとなりました。

環境の変化はやはりストレスを感じる要因になるようです。

一番多かった意見は「仕事内容の変化」(41.9%)。ほとんどの項目は仕事における何かしらの変化が原因となっていますが、正直その中で「仕事内容の変化」は、変化の度合いとしてはそれほど大きくないようにも感じます。

しかし具体的に寄せられた意見としては「今までより難しい仕事を任され、ひと段落したのがちょうど4月頃だった。連休もありそのまま無気力になってしまった」(20代/サービス・販売系/正社員/東京)、「春の異動で更に仕事量が増えると言われ、新人に仕事を急いで教えないといけなかったとき、やる気がなくなり仕事に行くのが億劫になった」(30代/事務・経理・人事系/契約社員/大阪)といったものがありました。入社や転職は変化が大きい分自分も心構えができますが、仕事内容の変化の場合はそれが難しく、かえって混乱を招きやすいのでしょうか?

コロナ禍で人とも会えず、さらに鬱々とした気分になりやすくなります
1 2