ライフスタイル “間に合わせ”なんてもう古い!ファミマのコスパ最高な「コンビニエンスウェア」おすすめ7選

急なトラブルや予定外のお泊まりというシーンでも、今やコンビニさえあれば下着や靴下などの基本的な着替えを手に入れることができます。

「急な間に合わせ」だから、買う時にその“質”にまでこだわることは少ないのではないでしょうか。「とにかく着替えられれば良し」と。

しかし「間に合わせ」で買ったとしても、それらは「使い捨て」というわけではありません。私たちのクローゼットにその後も残り続けるものです。

もしコンビニで「間に合わせ」で買ったアイテムたちが、その後も使い続けたくなるようなハイクオリティなものだったら……? ファミリーマートの衣料品新ブランド「コンビニエンスウェア(Convenience Wear)」を実際に試して、そんなオススメのアイテムをご紹介していきます!

推しアイテムのみなさんたち

ファミマ「コンビニエンスウェア」とはどんなブランド?

ファミリーマートが「FACETASM(ファセッタズム)」のファッションデザイナーである落合宏理さんと共同開発し、素材や技術、デザインにこだわった新しいライフスタイルを提案するブランド。インナーやソックスなどアイテム68種類を全国のファミリーマート約16,600店で発売中。

緊急需要が主であったコンビニエンスウェアの常識を変えるべく、「じぶんを愛そう。いい素材、いい技術、いいデザイン。」をコンセプトに、機能性素材なども積極的に取り入れたラインアップが揃います。

数ある商品の中から、実際に筆者が試着し、「これは!」と思ったアイテムと、それぞれの商品へのこだわりポイントを、落合さんにコメントしていただきました。

買って損ナシ!スキンタンクトップ&ショーツ

スキンタンクトップ1,089円、ショーツ649円(ともに税込)※紫っぽいのは光の加減のせいです

通常のベーシックなタンクトップとは別に販売されているスキンタンクトップは、わざわざ“スキン”と名前に入れているだけあり、その薄手で滑らかな肌あたりも魅力。

これは旭化成株式会社の機能糸「Paircool(R)」を採用したもので、吸放湿に優れています。つまり汗を吸うだけでなく、放出する機能を備えているので、汗ばんだ生地が肌にべったり張り付く……という状態を避けるよう、がんばってくれる生地です!(もちろん限界はあります)また抗菌防臭の効果もあり、インナーにぴったり。

そしてもう1点、仕立ての良さにも注目です。多くのタンクトップは、襟ぐりや袖口にバイアス生地をあしらって補強しているため、上に着たトップスからもボコッとラインが浮き出がち。

このスキンタンクトップは、折り返し縫いで処理しているため、襟ぐりも袖口もフラットなのです。いかにも下にタンクトップ着てます感ならず、上に重ねたトップスに影響することがありません。これは嬉しいポイントです。

さらに、ゆったりフィットなスキンタンクトップですが、腕を上げ下げしたときの脇の感じや、体をひねったときにボディにかかるテンションなどのストレスが、とても少ないのです。

デザイナーの落合さんによると、このスキンタンクトップや次にご紹介するショーツは「チームの女性スタッフが中心となりフィット感や丈長さなど何度も検証して、コンビニという場所で女性のお客様が安心して手に取れるように今回、最も時間と労力を使いました」とのこと。

研究しつくされた末に出された、さまざまな客層に対応できる最適解のパターンだったんですね。

そのフィット感はショーツも同様。オーガニックコットンを95%使い、温かみのある履き心地ながら、足さばきがとても楽ちん。

どれくらいかというと、鼠径部の締め付けが嫌で、日常のすべてのショーツをスロギーというシームレスショーツに買い替えた私でも気にならないくらいの、YESフィット!NO締め付け!という感じです。

締め付けレスなテープ仕様

ウエストと足ぐり部分は、伸縮性のあるテープでフィットさせているのと、タンクトップと同じく快適なパターンを研究したのがうかがえます。

……しまった!2商品だけで語りすぎてしまいました。次のページからは、ほかの推しアイテムを駆け足でご紹介していきます!

1 2