ライフスタイル 自宅で過ごすときによく着る服ランキング、3位パジャマ、2位もう外では着ない服、1位は?

新型コロナウイルスの影響により、1年以上も外出自粛が続いています。もちろんずっと家にいるわけではないと思いますが、出かけるにしてもコロナ以前よりテンションが上がりません。そうなると、普段のファッションに対する価値観も変わってくるのではないでしょうか?

コロナ禍で服を買う頻度が減った人は90%に

現代の20、30代の女性たちはコロナ禍でどのようにファッションを楽しんでいるのでしょうか?そこで今回ご紹介するのは、株式会社ミュゼプラチナムが実施したアンケート 。こちらで新型コロナウイルス以前と現在で服の購買行動に対する変化を質問したところ、変化が「ある」と答えた方人は54%となっているそうです。

9割の人が服を買う頻度が少なくなったことを自覚。

さらに変化のあった人に服を買う頻度について質問してみると「服を買う頻度が減った」との回答が90%。やはり外出自粛でファッションに対するテンションが下がっている人がほとんどであることが判明しました。さらに具体的に服を買う頻度について調査したところ、一番多かったのは「~月1度」(39%)で、それに僅差で続くのは「~3か月に1度」(38%)となっています。

また購入する服の価格帯については、半数以上の方が「変化がない」(57%)と答えた一方、「安い服を買うようになった」と回答した人は33%に。20、30代女性のファッションはコロナ以前からファストファッションが主流でしたが、その流れはさらに加速しているようです。

レジャーが楽しめないとファッションのモチベーションは上がりません。
1 2