ライフスタイル 梅雨&大雨対策に!バッグに入れておきたい100均のレイングッズ5つ

「何十年に一度の大雨」という言葉をニュースでよく耳にしますが、そのくらい最近は雨の降り方が局地的で激しくなってきています。急な大雨に降られたときのためにぜひ対策を! 今回は梅雨シーズンや大雨のときに役立つ、100円ショップで手軽に入手できるレイングッズをご紹介します。

携帯用コンパクトレインポンチョ

携帯用コンパクトレインポンチョ 110円。ダイソー、セリア、キャンドゥで取り扱っています。

最初にご紹介するのは手のひらサイズに収納できるレインポンチョ。バッグの中に入れておくと便利なグッズです。昨今の空模様は急変することが珍しくありません。出かけているときは晴れていたのに、お店を出たら土砂降りだったなんてことも。そんな時に役立つのがレインポンチョです。
特徴は化粧ポーチの中にも入れられるコンパクトさ。これならバッグの中でかさばりません。

サイズは着丈96cm、身幅90cm。肩や腕部分を雨から守ります。

サイズは着丈96cm、身幅90cm。身長158cmの筆者が着用してみると、膝たけ、七分袖ぐらいの長さまでカバーしてくれます。
ポリエチレンの素材は薄く、スーパーなどにあるロール式のビニール袋のようなペラペラさ。ドローコードもついていないので、フードは風が吹くと脱げてしまいます。たたみ直して再利用することもできますが、どちらかというと使い捨てに近いイメージの商品です。
それでも傘ではカバーしきれない肩や腕などを雨から守ってくれるので、外出先での大雨時にはあると便利なグッズです。

レインバッグカバー

レインバッグカバー 110円。キャンドゥで購入できます。

大切なバッグを雨から守りたい、という方にはバッグ用のカバーがおすすめ。雨の日でもお気に入りのバッグを水滴から守りながら持つことができます。使い捨てのレインバッグカバーは110円で3枚入り。先にご紹介した携帯用コンパクトレインポンチョよりもしっかりとした袋です。 50×50cmでマチもついています。

サイズは50×50cm。ビジネスバッグもカバーできます!

持ち手部分を袋の穴から引き出すようにかぶせるだけ。
ビジネスバッグやトートバッグなどに使えます。こちらも折り畳むとコンパクトになるので、ポーチの中に入れておくと、まさかの大雨に出会ってしまったときに役立ちます。

リュックカバー

リュックカバー 110円。ダイソーのオリジナル商品です。

リュック用のカバーもあります。ダイソーオリジナルのリュックカバーは最大25L、49×39cmまでのリュックに対応。

25L、49×39cmまでのリュックに対応。

こちらは防水加工が施されたポリエステル100%材質のカバー。ぺらぺらした生地ではないので繰り返し使えます。

透明折りたたみ傘 660円

透明折りたたみ傘 660円。ワッツで買えますよ。

次にご紹介するのは透明折りたたみ傘。長傘ではよく見かける透明なビニール傘の折りたたみバージョンです。
価格は660円と100均のなかにおいては高額な商品。ですが、この商品はユーザーの声から生まれ、 何度も再販されている人気グッズです。

ビニールの透明感はこんな感じです。

3段式の折りたたみで、骨は8本、広げると55cmの傘に。
大雨時には視界が悪くなりがち。安全のために折りたたみ傘も、視界がより広く保てる透明のビニール傘にしてみてはいかがでしょうか。

折りたたみ傘の収納袋、傘ポーチ

左はダイソーの折りたたみ傘用収納袋、110円。 右はキャンドゥの傘ポーチ、330円。

最後にご紹介するのは濡れた折りたたみ傘を収納する袋、傘ポーチです。100円ショップにある傘ポーチでよく見かけるのは、110円のモノと330円のモノ。この両者の違いは大きさと、濡れた水滴の吸水力です。110円の傘ポーチは幅のせまいものが多く、傘のサイズによっては、きちんと畳まないと収納できないくらいです。また土砂降りの中を歩いた後、傘を収納したときには、水滴を吸収しきれずに、カバンの中のものが湿ってしまったこともありました。

マイクロファイバー生地の厚みに違いが! 

かわいい柄に目がいきがちですが、傘ポーチを選ぶときは、収納する傘のサイズと水滴を吸収するマイクロファイバー生地の厚みもチェックしたほうが良さそうです。

最近はしとしと降り続ける雨だけではなく、急転して土砂降りになるというような空模様の変化にも対応できる準備が必要になってきています。1シーズンだけの利用と割り切って、手軽にそろえられる100均のレイングッズをチェックしてみてはいかがでしょうか。

※店舗によって品揃えが異なり、在庫がない場合があります。また掲載商品については廃盤、仕様変更等となっている場合があります。

文/栗山 佳子