ライフスタイル 皆既月食、伝統芸能、アート作品をおうちで堪能!今週から始まるおすすめオンラインイベント3つ

自宅でもアート作品が鑑賞できる!最新テクノロジーを活用した体験型バーチャル展覧会を開催!

江東区では、今年開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の「スポーツと文化の祭典」である大会趣旨を踏まえ、区内在住・在勤・在学の障害がある方が制作したアート作品を展示する「kotoハートフルアート展」を各地域で昨年1月から今年3月にかけて、3会場にわたり開催。その中で人気の高かった全50作品を、態宣言下でも鑑賞できるようにアプリ上の仮想(バーチャル)空間内に展示した企画が現在実施中です。

仮想(バーチャル)空間内。(c)XANA/NOBORDERZ

こちらの「バーチャル展覧会」はアプリで公開されており、アプリ内では時間や場所に捉われないオンラインの利便性に加え、バーチャル空間で展示作品を再現し、体感できるというもの。ユーザー自身がアバター(分身)となり、バーチャル空間内を自由に周遊しながらアート作品を鑑賞できる他、江東区長からの挨拶や今回審査をした方の講評を音声で聞くことができるそう。アプリはスマートフォンはもちろん、PCやタブレットなどさまざまな機器でダウンロードできます。9月までと長期間開催されているので、お手すきのときにでもぜひ覗いてみてください。

開催期間:~2021年9月30日(木)
料金:視聴無料
公式サイト:https://www.city.koto.lg.jp/221010/kotoheatfulart.html
※上記サイトよりアプリをダウンロード。現在Android版、Windows版が公開中。iPhone版、Mac版は近日公開

1 2 3