ライフスタイル オンラインで買える!「ジョエル・ロブション」の夏限定お取り寄せパン実食レポ

フランス産ラベンダーはちみつのパンドミはアレンジ性の高さも魅力で、公式にはクリームチーズをのせたり、ベーコンやハムにチーズをかけてクロックムッシュにしたり、フレンチトーストして食べるのも提案されています。そこで今回はシンプルに、生ハムと黒コショウでいただいてみることに。

安めの生ハムでも十分美味しかったです!

これは個人的に大ヒット!生ハムの塩味と黒コショウの刺激が、はちみつの甘さとベストマッチでした。が、さらに欲を出して筆者はマヨネーズを合わせてみましたが、これは個人的に失敗。マヨネーズの塩味が強すぎて、はちみつの風味が薄れたように感じました……。

レモンの量が贅沢すぎる「エテ ~瀬戸内産レモンのお菓子~」

薄いスライスで食べても満足感高めです!

続いてお試ししたのは、こちらも発売中の「エテ ~瀬戸内産レモンのお菓子~」。仕上げにバターにくぐらせてコーティングする技法は、クリスマスに食べるドイツの焼き菓子・シュトーレンと同じ。こちらでは香り立つバターとホワイトチョコレートが使用されています。

「エテ」はジョエル・ロブションのパッケージ入り。
カットする前の状態はこちら。

食べ方もシュトーレンのように、ナイフでスライスします。ただしこちらは冷やして食べるのがおすすめだそう。中にはレモンのコンフィが入っているのですが、驚いたのがその量。これでもかと言わんばかりに入っており、口の中がレモンの爽やかさで満たされます。まさに夏らしい一品で、香り立つバターの中にレモンの甘酸っぱさが広がるぜいたくな味わいです。ちなみに賞味期限は製造後21日と長めなので、冷蔵庫に入れて少しずつスライスして食べることができます。

黄色のつぶつぶしたのがレモンのコンフィ。ほかラベンダーも香ります。

ジョエル・ロブションのちょっと贅沢な夏限定お取り寄せパン、いかがだったでしょうか?パンと考えればお値段的にややお高め感じる人もいるかもしれませんが、このコロナ禍でお家生活を頑張っている自分へのご褒美と考えれば、十分アリではないでしょうか。パンは食べきれない場合一口サイズにカットしてラップに包み、保存袋に入れて冷凍保存することが可能だそう。冷凍したパンは十分に予熱したトースターで高温・短時間で焼くと美味しく食べられます。

もう少し続きそうな自粛生活。ラストスパートをぜひジョエル・ロブションのお取り寄せで乗り切ってください!

【商品概要】
商品名:フランス産ラベンダーはちみつのパンドミ
オンライン販売価格(税込):2,500円(クール便代込み)
販売期間:6月1日(火)~7月末(予定)
オンライン以外の商品販売店舗:
 ル パン ドゥ ジョエル・ロブション(渋谷店・新宿店)

商品名:ラベンダーとレモンのブリオッシュ
オンライン販売価格(税込):2,190円 (クール便代込)
販売期間:7月15日(木)~8月末(予定)
オンライン以外の商品販売店舗:
 ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション(恵比寿店、六本木店、丸の内店)
 ル パン ドゥ ジョエル・ロブション(渋谷店、新宿店)
 ルカフェ ラブティック ドゥ ジョエル・ロブション虎ノ門店

ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション公式オンラインショップ
https://www.robuchon-online.jp/

1 2