ライフスタイル 北欧デザインのラベルレス星柄ボトルがクール!サステナブルなLOHACOの強炭酸水

コロナ禍でおうち時間が長くなっていることもあり、炭酸水の売り上げが拡大しています。無糖炭酸水をアルコールやジュースなどの割材としてだけでなく、日常的に水代わりに飲用している人も多いのではないでしょうか。そんな昨今の炭酸水人気の高まりを受け、アスクルはラベルレスのオリジナル強炭酸水「LOHACO Waterスパークリング 500ml」を発売しました。

通販サイト「LOHACO」で強炭酸水を定期的に購入している消費者の購買行動のデータ分析と配送効率から1箱あたりの本数を決めたほか、ラベルレスで飲み終わった後に分別しやすいこと、保管しておくシーンになじむパッケージデザインであることなど、購入から購入後の使い勝手まで考慮されて作られています。

オリジナル強炭酸水「LOHACO Waterスパークリング 500ml」 は 1箱15本入りで 1,020円(税込)。 1本あたり68円(税込)です!

消費者の購買データと配送効率から、1箱15本入りに

外装箱はECでの配送効率や環境への配慮、配送後の購入者の使い勝手も考慮しています。LOHACOで強炭酸水を定期的に購入している消費者の購買行動データ分析により、1箱15本入が配送効率上最適と導き出されました。配送用段ボールの底面にピッタリ収まるサイズの外装箱は、一緒に購入した他の商品と段ボール1箱に収まるため、受け取りの負担を軽減するなど、EC専売品の特性を考慮した工夫が施されています。

ラベルレスのボトルは北欧デザイン

ボトルのパッケージデザインは、スウェーデンのデザイナー集団「ストックホルム・デザイン・ラボ」とコラボレーションし、星柄モチーフの3柄デザインで展開。ボトルに直接デザインを施したシンプルでスタイリッシュなボトルは、様々な利用シーンになじむ上、ラベルレスのため分別の際にラベルをはがす手間が省け、環境への負荷を軽減します。また外装箱もボトルとデザインを統一しており、箱のまま出しておいても周りのインテリアなどを邪魔せず、普段の暮らしになじむような工夫がされています。

群馬県・嬬恋村のやさしい天然水を採用

「LOHACO Waterスパークリング」の採水地は、群馬県吾妻郡嬬恋村、日本百名山である四阿山( あづまやさん )の山麓、海抜1300mの高原にあります。四阿山に降った雨や雪は、数十年かけて安山岩質の溶岩や火山噴出物という天然のフィルターを通ることにより、洗練されたミネラルウォーターになります。
嬬恋銘水では、この大自然の恵みである良質な地下水を、深さ 250m の井戸より採水して原料にしています。硬度 19mg/L と超軟水で、天然のミネラルをほどよく含んだ天然水を使用しています。

【商品概要】
商品名:【強炭酸水】「LOHACO Water スパークリング 500ml」ラベルレス
価格:1箱(15本入)

環境に配慮したサステナブルな商品を日常品に取り入れることで、エシカル消費を少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。

商品情報:https://lohaco.jp/event/lohaco_water/?sc_i=p_k_b_ec_osusumelink_lohaco_water

文/ latte+