ライフスタイル 3位折りたたみキンパ、2位低温調理器!2021年上半期、一番バズったトレンド料理ワード大賞は?

早いもので、2021年も半分が過ぎようとしています。上半期は昨年同様に新型コロナウイルスの影響による自粛生活が継続していますが、その影響でグルメでは中食が好調に。新しい調理器具やお取り寄せスイーツ、料理レシピなどに大きな注目が集まっています。

大賞に選ばれたスイーツは「インスタで見ない日はない」との声

そこで今回ご紹介するのは、アイランド株式会社が発表した「2021年上半期のトレンド料理ワード大賞」。こちらでは「レシピブログ(ブログ)」、「フーディーテーブル(Instagram)」、「スグレピ(Twitter)」の各編集部が、検索数や投稿数などを基に2021年上半期に注目された料理関連ワードを選出。さらに各サービスに参加するユーザーを対象に料理トレンドを振り返るアンケートを実施し、その上位の結果から決定しています。

その結果、見事に2021年のトレンド料理ワード大賞に輝いたのは、イタリア・ローマ生まれの伝統的なスイーツ「マリトッツォ」でした。

クリームだけではなくフルーツやあんこを挟んだり、バリエーションも豊富です。

ユーザーから寄せられたコメントには「インスタで見ない日はないほどたくさんのお店や、個人の方でマリトッツォの写真を載せている」「見た目が好き、背徳的な生クリームたっぷりなのを食べたくなります。市販のミニパンでもそれっぽくできるところがいいです」といったものがありましたが、ベーカリーの人気商品だけではなく、市販のパンでも作ることができるハードルの低さも人気の一因となっているようです。そして何より生クリームたっぷりの“映え”も大きなポイント。

韓国グルメは上半期も強い!ちょっと変わったキンパが大人気

マリトッツォに続いてランクインしたのは「低温調理器」。低温で調理をすると素材のうま味をキープしつつジューシーに仕上げることができますが、温度調節の難しさがハードルを上げていました。しかしこれがあれば「塊肉を柔らかく仕上げるのでレストランなどでも使われていると思います。放置しておくだけなので、手間がいらない」「ちょっと難しそうな料理も簡単にできる」との声が。これさえあればローストビーフやサラダチキン、レアな焼き加減のステーキが簡単にできちゃいます。

BONIQ、ANOVA、貝印など様々なメーカーから発売されています。

3位にランクインしたのは韓国風海苔巻き「キンパ」を折りたたんつくる「折りたたみキンパ」。少し前に流行した、握らないおにぎり「おにぎらず」にも似ていますが「おにぎらずよりも具が包みやすくて海苔の偏りもなくていい」、「これ考えた人天才!作りやすくて見た目も良くて組み合わせが無限で美味しい」と大絶賛。

韓国風海苔巻き「キンパ」 じたいも大人気です。

つくり方は切り込みを入れた海苔にごはんと具を置いて、パタパタと畳んでいくだけ。その手軽さと楽しさが人気となっているようです。

そのほか4位以下にランクインした料理ワードもご紹介します。

2021年トレンド料理ワード大賞(4位~10位)

4位 〇〇しないレシピ

5位 レンチン完結

6位 脂質制限

7位 冷凍うどん

8位 キューブサンド

9位 ハリッサ

10位 ウールロールパン/ウールロールブレッド

4位から10位にランクインしているのは「糖質制限」「冷凍うどん」といったおなじみのワードもあれば、真新しいワードもランクイン。興味がある人はこちらもぜひチェックしてみてください。

【調査概要】
2020年12月1日~2021年4月30日までを対象期間として、フーディストサービスが運営する「レシピブログ(ブログ)」、「フーディーテーブル(Instagram)」、「スグレピ(Twitter)」の各編集部が、検索数や投稿数などを基に2021年上半期に注目された料理関連ワードを選出。