ライフスタイル 朝から夕方まで外がザワザワ、その正体は!? 派遣女子のリモートワークに潜んでいた落とし穴

コロナ禍でリモートワークが推奨され、自宅でのびのび仕事ができるようになったという人がいる一方、実は苦しみを背負ってしまったという人もいます。 

基本はリモートワークという職場に、派遣社員として入社した女性に話を聞きました。こういった事態はみなさんの身近にも起こるかもしれません……。

派遣社員の妙子さん(35歳)は、東京・世田谷区で一人暮らしをしています。今の会社に入ったのは2020年の夏ごろ。その前は別の派遣先に3年勤め、2019年末に契約期間満了を迎え退職しました。新型コロナウイルスのニュースが報じられ始める1か月ほど前のことでした。

ずっと残業続きの仕事だったから少しのんびりしよう…と思っていました。年末から知人のお店のサイトリニューアルを手伝い、春から次の契約先で働きたいと考えていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、新しい仕事がなかなか決まらない状況に陥ったのです。

収入が激減し、「さすがにやばい…」と本気で仕事を探しましたが、それでも派遣先は見つかりません。サイトリニューアルの仕事は自宅でやっていましたが、ワンルームの部屋では気分転換もままならず、家で過ごすうちに孤独感を抱くようになりました。そうこうしているうちに季節は夏を迎えようとしていました。

うつうつとステイホームを続ける日々が続きました。そんなときに派遣会社に紹介されたのがいまの職場でした。ウェブ関係の職種で、経験者を探していたとのことで職場見学(面接)もすんなり終わり、7月から働き始めることができました。

その際、妙子さんには心配なことがありました。それは「出社してもいいか」ということです。

それまでの生活ですでに自宅で過ごす時間に煮詰まっていた妙子さん。気持ちが沈みがちで、疲れがとれず気力がまったくわかない日もあり、仮にわいても動きが鈍いような感覚の日々が続いていました。少々リモートうつ気味だったのです。それに、自分の性格を考えると、オンラインで必要な事項を聞くだけではなく、実際に会ってムダ話などから上司や同僚のことを理解するほうが向いていると考えていたからです。

上司も妙子さんが参加するプロジェクトでは対面でのミーティングを行いたいということで、週2で出社できることになりました。週の半分ですが、それでもフルリモートより気持ち的にずいぶん楽だと感じました。

家で仕事をするときは好きな音楽をかけたりできて快適という人もいますが、妙子さんは音がすると集中できないタイプで、自宅で仕事をしているときは基本的に無音。それも孤独感を高めていたのかも知れません。

よいことばかりではなかったリモートワーク

リモートワークのことを「家で仕事できていいなー」と言ってくる人には複雑な感情が芽生えます。たしかにいい点もあるけれど、よくない面もたくさんあるのです。ましてや実家の両親は「リモートワーク=家にいる=休みみたいなもの」と思っているようで、それももやもやします。

7月からの新たな派遣先。緊張していましたが周りの人はみんなフランクで、週に1、2度会えることもあり、思っていたよりも早く打ち解けることができました。困ったことがあれば、チャットで話しかけるとすぐに相談に乗ってくれますし、会ったほうがよいと判断すれば都合を合わせて出社し、対面でじっくりと教えてくれました。コロナ禍での派遣先としてはいいところだった、ありがたい、と妙子さんは感謝でいっぱいでした。だんだん元気を取り戻して、モリモリ仕事できる自分を取り戻していったのです。

それから約半年 、順調に働いていたところに意外な落とし穴が。それは春の訪れとともにやってきたのでした。

朝から晩までなんだかザワザワ! どうしてそんなに元気なの!?

4月のはじめ、妙子さんが自宅でオンラインミーティングをしていると、窓の外から騒がしい声が聞こえてきました。「外の音が聞こえちゃうかな」と妙子さんはPCを抱えて部屋の隅へ移動。しかし、ミーティングが終わってしばらくしても外のざわつきはやみませんでした。嫌な予感がしました。

翌日は出社日だったので家を留守にしていました。その次の日の朝、自宅で業務を開始すると、また外からザワザワ音が。妙子さんは窓から道路を見ました。そして頭を抱えました。

ついに恐れていたことが……。その正体とは……。

1 2