ライフスタイル 今年還暦とは思えない!?若く見える有名人ランキング1位に選ばれたのは?

堅実女子にとって“還暦”といえば、どんなイメージでしょうか。日本では還暦祝いの風習がありますが、これは伝統的な暦である「干十二支(じっかんじゅうにし)」の組み合わせが60種類あることに由来しています。生まれてから60年経つと干十二支が一巡。生まれた干支に還ることから「暦が一巡するまで長生きした」ことをお祝いするようになったのです。

しかし令和時代の60歳は長生きと言われるほど年老いておらず、若々しい人がたくさんいます。特に最近は声優の山寺宏一さんが31歳年下のタレント・岡田ロビン翔子さんと結婚したことが話題となっていますが、山寺さんは6月17日に60歳を迎えています。

今年還暦を迎える人の7割以上は「還暦の実感がわかない」

そこで今回ご紹介するのは、山寺さんと同じく今年還暦を迎える1961年生まれの男女を対象とした「2021年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」。こちらで還暦を迎えるという実感がわかないかどうかを尋ねたところ、43.1%の人がわかないことについて「非常にあてはまる」と回答。ほか31.5%が「あまりあてはまらない」としており、全体の74.6%が還暦である実感がわいていないことが判明しました。そこで自分の心や体の年齢が何歳くらいに相当すると思うかを尋ねたところ、以下の結果となりました。

還暦でも精神・肉体ともに「30歳未満相当」と回答している人もいました。

自身の精神年齢(精神的な若々しさ)の実感では、「50~54歳相当」(27.8%)に最も多くの回答が集まり、平均年齢は47.2歳に。一方、肉体年齢(身体的な若々しさ)の実感をみると、「50~54歳相当」(25.0%)や「55~59歳相当」(27.2%)に多くの回答が集まり、平均年齢は55.8歳となっています。

1 2