ライフスタイル 食品ロス削減に!賞味期限近いキットカットなどが安く買える「無人販売機」が出現

飲み物だけでなく、パンやお菓子、雑貨や衣類など、無人販売機で取り扱われている商品は多岐にわたりますが、やはり飲み物や食べ物を買うことが多いですよね。非対面で購入できることもあり、お店に行くよりも快適と感じている人もいらっしゃると思います。その無人販売機が食品ロスの削減にも貢献するという「みんなが笑顔になる 食品ロス削減ボックス」が登場しました。ネスレ日本株式会社とみなとく株式会社がコラボし、2021年6月17日より運用が始まっています。

食品ロスの現状とは

食品ロス削減推進法が2019年10月に施行されてから、食品ロスに対する意識が高まっていますが、どれほどの食品が捨てられてしまっているのでしょうか。

農林水産省による2018年の推計値によると、1年間の食品ロス量は、600万トン。その中で、外食産業や食品製造業など事業系の食品ロスが、54%の324万トンで、家庭での食品ロスが276万トンもあり、これは国民一人当たり1日約130g(お茶わん約1杯分のご飯量に相当)が、食べられるにもかかわらず捨てられていることになります。これは、地域によって差はありますが、金額にすると1年間で約2万円分にもなるそうです。食品ロスがお財布にこれほどの影響を与えているとなると、今まで以上にしっかり意識して、食品ロスの削減を意識したいですね。

業界初の納品期限を過ぎた自社製品を販売する無人販売機

ネスカフェ原宿にある「みんなが笑顔になる 食品ロス削減ボックス」

今回登場した「食品ロス削減ボックス」は、全国5か所に設置され、納品期限が超過したことで出荷される流通先が限定され、場合によっては廃棄される可能性がある「ネスカフェ」や「キットカット」製品が販売されます。

飲食が可能なのに、通常のルートでは販売が難しい商品を、みなとくが開発した冷蔵機能付きの無人販売機「fuubo(フーボ)」により、直接、消費者に販売するチャネルを構築することで、食品ロス削減に向けた取り組みをすることを目指しています。

さらに、食品ロスを削減することで、農業事業者が生産するコーヒー豆やカカオ豆などの原材料をできる限り無駄にせず、持続可能な形で商品を届けられる仕組み作りも考えているそう。

確かに、商品が廃棄されてしまうと、食品ロスであり、企業にとっても収益につながりません。捨てられることなく、買いたい人に届けられるのは大切ですね。ここで気になるのが、納品期限の超過による商品が販売されるとのこと。賞味期限は大丈夫なのかと気になりますね。

販売されるのは納品期限が過ぎた商品のみ

ネスカフェやキットカットなど、人気の商品が並びます。

食品は、賞味期限を確認し購入しますが、納品期限は記入されていません。これは、商品や小売店ごとに異なる期限だそうです。

例えば、賞味期限が12か月のボトルコーヒーで、出荷できる期間が3分の1設定の場合、出荷できるのが最初の4か月、それ以降は、納品期限が過ぎているということになります。賞味期限が、あと8か月もありますが、通常の流通では販売できなくなるそうです。今回、無人販売機で発売される商品は、納品期限が過ぎていますが、賞味期限が1~2か月あるものだそうです。

非対面・非接触・キャッシュレスで購入

商品の購入は、スマホで簡単に行えます。

商品のラインナップは、まず、多くの人に知ってもらいたいと手にとりやすく人気のあるキットカットやネスカフェの商品となっています。商品の購入方法をご紹介します。

1:公式サイトにアクセスし、購入場所・商品を選択し、商品を購入します。
2:代金の支払いが完了するとワンタイムキーが送られてきます。
3:指定した購入場所の「食品ロス削減ボックス」に印字されたQRコードをスマートフォンで読みこみワンタイムキーを入力するとボックスが解錠され、商品を取り出します。

今までにない消費体験ですが、オンラインで購入後、すぐにボックスまで行けない場合は、商品にもよりますが、15日間のお取り置きが可能です。取り置きが終了する日にリマインドメールが届き、受け取りに行けない場合は、その時点でキャンセルもできます。うっかりしたときや、急に予定が変わったときも安心ですね。

☆☆☆

全国5か所の設置で、まずは認知度を上げるところからスタートし、ボックスには、週1で納品される予定です。食品ロス削減のための取り組みなので、取り扱いするすべての商品が必ず購入できるとは限りませんが、だからこそ、自分自身が買うたびに、食品ロスを意識することもできそうです。非対面だし、自分の都合に合わせてピックアップできるので、近くの「食品ロス削減ボックス」を利用してみようと思います。

ネスレ お客様相談室 フリーダイヤル0120-00-5916 ※受付時間:9:00~19:00
fuubo公式専用サイト https://fuubo-nofoodloss.com/

取材・文/林 ゆり