ライフスタイル 勇気が出ない人に伝えたい!一人旅歴10年の女子カメラマンが語る「女性一人旅のすすめ」

緊急事態宣言もまん延防止等重点措置も9月いっぱいで解除され、やっと旅行に行ける!と喜んでいる方も多いのではないでしょうか。ワイワイみんなで行くのも楽しいですが、一人で行きたいところに行けたら、もっと気軽に旅を楽しめるはず。でもちょっと一人旅はハードルが高いかな…と思っている方に向け、一人旅マスターの南谷有美さんが、その楽しみ方を体験談とともに紹介します。

★★★

初めまして。フリーランスでカメラマンをしている、南谷有美です。私は2018年から、日本各地を巡る旅をしながら仕事をしています。いわゆるワーケーションです。本格的に一人旅を始めてから早3年がたちます。

今ではすっかり一人旅マスターとなってしまった私ですが、初めての一人旅は緊張の連続でした。こちらの連載では、一人旅に興味があるけれどなかなか勇気が出ない、どう旅に出たらいいかわからないという方のために、私の体験を元に、旅の始め方や活用すると便利なツール、一人旅初心者の方におすすめしたいスポットなどを紹介していきたいと思います。

大好きな長野県安曇野市。居心地が良すぎて4ヶ月ほど滞在しました

一人旅って実際楽しいの?

一人旅をしていて、よく聞かれる質問が「一人旅って実際どうなの?」「楽しいの?」「危険じゃない?」など。誰もが一度は旅に出た経験があると思いますが、一人旅となるとそれはまた別のものと感じてしまう方が多いようです。

私が初めて一人旅をしたのは、今から10年ほど前。行き先は、私の地元である愛知県から程近い岐阜県高山市で、2泊3日の滞在でした。それ以前の旅はほとんど人任せだったため、電車のチケットをとるのも、宿をとるのも初めての経験。ドキドキしながら宿に連絡をしたことを、今でも覚えています。出掛ける前は少し緊張していましたが、旅に出てしまえばとても楽しくて…。それ以来、一人旅の虜になってしまいました。

(初めての一人旅で訪れた、岐阜県高山市)

私が思う一人旅の良いところは、自分好みの旅ができるということです。家族や友人と一緒に旅をすると、その方達とスケジュールを共有することになります。「時間になったから、次の場所に移動しなきゃ」とか「お腹いっぱいなのに、また食べるの?」など、なかなか自分の思い通りにいかないことも…。その点一人旅なら、人のことを気にせず、マイペースで旅を楽しむことができます。

しかし、良いところもあればその反対もあります。それは、楽しさを共有できる人や、ピンチの時に助けてくれる人が側にいないということです。この点が一人旅をする上で、一番のハードルになると思われます。

楽しさと緊張はちょうど半々くらいで、その感情の間を行き来するということが、一人旅の醍醐味だと私は思います。旅を通して、また新たな自分に出会えることも。それが楽しみで、私は一人旅をしています。

一人旅までのおおまかな手順

ここまで読み進めてきて、一人旅に興味が湧いてきたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。仲間になれそうですね。ありがとうございます(笑)。

一人旅をしてみたいと思ったものの、何をどうすれば良いのかわからないという方も多いと思います。詳しくは次回以降にお話していきたいと思いますが、今回は一人旅を実践するまでの大まかな手順をご紹介します。

①日程を決める

どの時期に、どの期間滞在するのかを決めます。(初めての方は、まずは一泊からでも大丈夫です)

②行き先を決める

旅の期間を参考に、行き先を決定します。同時に現地までの交通手段を考え、その予約をします。旅先をどこにすれば良いのかわからないという方は、この交通手段から考えることもおすすめです。自家用車で行くのであれば車で行ける範囲の場所になりますし、バスを活用して行きたいのであればそのバスが通っている場所が旅先となります。

③宿泊先を決める

行き先が決まったら、次に決めたいのは宿泊先。滞在先を決め、予約をします。宿泊先と一言で言っても、ゆったりと過ごせる旅館や、おしゃれなホテル、人との出会いに恵まれるゲストハウスなど、様々な宿泊施設があります。行き先同様、こちらも迷ってしまいそうですね。それぞれの宿泊施設の特徴やその選び方は、次回以降にご紹介しますのでそちらを参考にしてください。

④旅先をリサーチする

訪れたい場所や、行きたい飲食店などを事前にリサーチします。情報をまとめたサイト(食べログなど)を参考にするのも良いですが、コロナ渦で営業が変則的になっていることもあるので、ホームページや店舗のSNSを確認してから訪れるということをおすすめします。

⑤旅の荷物をまとめる

旅の前日までに、荷物をまとめます。私の場合、持っていくものがすでに決まっているので、10分もあれば完了します。(そして、荷物も少ないことで有名です。笑)旅の必需品も、またどこかの記事でご紹介できたらと思います。

⑥いざ一人旅へ

いよいよ、旅の出発の時です。携帯電話さえあれば、大抵のことは何とかなります。充電を満タンにして、出掛けましょう。(充電器もお忘れなく!)

一人旅に出かける一歩を踏み出してみよう

今回は、一人旅のメリット・デメリットと、旅に出るまでの大まかな手順についてご紹介しました。誰かと旅に出るのも楽しいけど、一人でゆったりと過ごしてみたいという方に、一人旅は本当におすすめです。

ちょっと興味が出てきたという方は、まずは想像をしてみましょう。「こんな旅がいいな」「こういうことをしてみたい!」などと考えるだけで、不思議と楽しい気分になっていきます。

(早朝から待機して撮影した、雲海)

次回以降は、一人旅を実践する上で大切なことをご紹介していきたいと思います。まずは自分が一人旅に行くとしたら…と想像しながら読んでいただけたらと思います。

写真・文/南谷有美
フリーランス カメラマン。名古屋を拠点に仕事をしていたが、2018年から各地を巡る旅人に。訪れた地域やワーケーションに関する情報などを、発信している。