ライフスタイル 夜ランニングにも!ユニクロがアスリートと開発した「UNIQLO+」着てみました

今、ユニクロといえばマメ クロゴウチとのコラボに話題集中していますが、今月はアスリート仕様のウェアも発売したのをご存じですか?

その名も「UNIQLO+(ユニクロプラス)」コレクション。スウェーデンのトップ選手たちとともに開発され、トレーニングから動き回る日常まで、アクティブで健康的な毎日をサポートする、というコンセプトのもの。

11名のトップアスリートと2名のレジェンド、計13名によるブランドアンバサダー「ユニクロ チーム スウェーデン」

この気になる機能性ウエアについて、詳しくご紹介していきます。

まずはドライTシャツを着てみました!

ユニクロの通常商品でも販売されている機能素材、ドライEXを使用したTシャツがこのコレクションでも登場していたので、軽い運動をするときに着用してみました。

UNIQLO+ ドライEXクルーネックT(半袖)2990円(税込)

特徴はなんといっても、スウェーデンの国旗からインスパイアされたであろうカラーリングや、コレクション名にもある「+」がアクセントになっているところ。

通常商品の大きな違いは、背中の切り替え。肩から袖へとつながるヨークスリーブで、腕が動かしやすく、肩の縫い目がないことでフィット感が向上しています。

また、背中部分には「+」の柄が少し透けるように入ることで、デザイン性を高めつつ背中の汗を逃がしやすくなっているのも、これからの季節にうれしいポイント。

右手が不自然に上がっているのは、自撮り棒を背中側に回しているからです。

背中側の裾はブルーの布帛に切り替えられ、大胆な配色でモダンな雰囲気に。

爽やかな配色はスウェーデンの国旗を思わせる。

身長166cm、比較的がっしり体型の筆者が着用したのはLサイズ。ひらひらと風の抵抗が大きいとスポーツの邪魔になるからでしょうか。

近ごろの大きめなシルエットとはうらはらにジャストフィットなサイズ感も、アスリート仕様ならではという印象です。

ジャストフィットなサイズ感。

薄手の生地は汗をかいてもべたつかず、汗をかいても秒で乾く……は言い過ぎですが、かなりドライ感をキープしてくれます。

ネックの青いラインがフロント側のさり気ないアクセントに。

また、薄手なぶん、少し透けることも気にしておいたほうが良さそうです。筆者はインナーに色が濃いエアリズムのタンクトップ型ブラトップを着用しましたが、インナーの形はくっきり出ますし、光の加減によってはインナーの色も透けるので、スポーツ用のインナーや見せブラなどを下に着るほうが良いでしょう。

暗闇でもTシャツが浮き上がるカラーは貴重

このイエロー、なかなかの蛍光色っぷりで好みが分かれるところだと思うのですが、夜ランニング派のかたには特に有用だと思いました。

暗いところを走っていて、自分はいくら気を付けていても、自動車やバイク、自転車から自分の姿が見えなかったら、事故に遭う可能性が高くなります。暗いところを走る場合は、反射板などもそうですが、自らの存在をアピールするのも、自衛策として大事なこと。その点において、このTシャツはとても優秀なんです。

真っ暗闇で撮影してみましたが、本当にTシャツ以外は完全に闇に紛れてしまいました!

真っ暗でもTシャツだけが見える!(※パッと見てわかりやすいよう、少し画像を明るく補正しております)

蛍光色のTシャツというのは数多く販売されていますが、機能性に富んでデザインも気が利いたアイテムというのは、なかなか見つからないと思います。

現在のラインナップは6アイテム

お試したTシャツ以外にもアスリート仕様のアイテムが揃っているので、ずらっとご紹介していきます!

UNIQLO+ ドライEXクルーネックT(半袖)各2990円(税込)

吸汗速乾機能素材や 通気性に優れた Air dots素材を採用。

UNIQLO+ ドライEXポロシャツ(半袖)各2990円(税込)

アスリートへのモニタリングを行い開発した着心地抜群の一枚。吸汗速乾と抗菌防臭 機能。発汗しやすい部分の通気性を向上しています。

ウルトラストレッチアクティブ ジャケット 各4990円(税込)

ウルトラストレッチの抜群の動きやすさに、通気性やドライ機能も兼ね備えたジャケット。

UNIQLO+ ライトポケッタブルパーカ 各4990円(税込)

ユニクロ史上、最軽量。撥水機能付きで急な小雨にも対応。(ユニクロ従来商品比較)

左/ウルトラストレッチアクティブパンツ 3990円、右/ウルトラストレッチアクティブショートパンツ(MEN)・ウルトラストレッチアクティブハーフパンツ(WOMEN)2990円(税込)

ストレッチ素材で軽快なはき心地。袖のジッパー付きで着脱しやすいウルトラストレッチアクティブパンツ。ロングとハーフタイプ。

さらにもう1点、ニットジャケット(6990円 税込)が加わっています。

昨年よりユニクロ初のチームブランドアンバサダーを務める「ユニクロ チーム スウェーデン」

ユニクロがスウェーデンのストックホルムに初店舗をオープンしたのは、2018年8月のこと。そして2019年より、スウェーデンのトップアスリートや、大会代表選手団、その関係者にユニクロのLifeWearウエアやアクセサリを提供しています。

その根底には、スウェーデンの優れたテクノロジー、美しくシンプルなデザインや現代的なライフスタイルに対しての共感とリスペクトが流れています。

コレクションのキーワードは 「クオリティ」「イノベーション」「サステナビリティ」

一流アスリートが納得する機能を日常着へ!

この「UNIQLO+」コレクションは、「クオリティ」「イノベーション」「サステナビリティ」という3つの柱を軸に開発が勧められました。

まず「クオリティ」の部分では、アンバサダーたちの要望を反映し、素材感やフィット感などきめ細やかに調整。汗をかきやすい体の部分の通気性・透湿性を高めたり、真夏の高温多湿な環境下でも快適に着られる快適さと、洗練されたシルエットを同時に叶えました。

一流アスリートが求める機能を日常のデザインに落としこみ、気象テストや機能実験、外部評価機関の専門家へのヒアリングなど、科学的アプローチでの検証を実施しながら「イノベーティブな」クリエーションを実現しました。

さらにスウェーデンが環境先進国でもあることから、サステナブルな服づくりが完成。吸汗速乾を追求した「ドライEX」の服には、回収したペットボトルからリサイクルされた再生ポリエステルや、バイオマス原料由来のポリエステル繊維素材を一部に使用。パーカには、フッ素を使わない撥水加工剤を使用しています。

スポーツウェアやアウトドアウェアなど、機能性ウェアを街着に取り入れたり、街着に機能性素材を使用したりと、今やおしゃれに「快適さ」はマストな存在。

このプロアスリートたちと開発した「動きやすさ」の快適性を高めた「UNIQLO+」コレクションを、チェックしてみてくださいね。

UNIQLO+
https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/feature/uniqloplus/21ss/

取材・文/nenko

【一人暮らしを楽しくするシリーズ】
・折りたためる洗濯機が一人暮らしの「ちょい洗い」にぴったり!
・売り切れ続出の「パン冷凍保存袋」で、ハッキリ“おいしさの違い”がわかった!
・一人暮らしにこそすすめたい!効率重視の「ベランダ菜園」で食卓がうるおう♪