ライフスタイル 実際はどう?「自衛隊大規模接種センター」でワクチン接種してきました【後編】

熾烈なキャンセル待ちを経て、無事に自衛隊大規模接種センターでのワクチン接種の予約枠を確保!その3日後、ちょっと緊張しながら東京・大手町にある「自衛隊大規模接種センター」へ足を運びました。苦戦した予約の様子などは前編のこちらで

東京駅からのシャトルバスはけっこう時間がかかる

自衛隊大規模接種センターへのアクセスは東京メトロ「大手町」または「竹橋」駅から徒歩、もしくは東京駅より無料の送迎シャトルバスが4分から6分間隔で運行されています。筆者はシャトルバスを利用しましたが、乗り場近くとなる東京駅の丸の内南口を出ると、すぐに接種センターの案内係の方がいました。

道中は多すぎなくらい案内係の人がいました。ご苦労様です。

そして乗り場に近づくと、見覚えのあるはとバスが数台停車しています。どうやらシャトルバスとしてはとバスが運行されているようです。

はとバスへ乗る際、特に接種券などの提示は必要ありません。付き添いの人がいたとしても、一緒に利用することが可能となっています。アルコール消毒をして乗車すると、座席の前後にはアクリル板によるパーテーションも設置されていました。乗車人数も半分以下となっており、感染対策は万全だと感じます。

はとバス以外にも都営バスがシャトルバスとして運行。筆者の場合、帰りは都営バスでした。

バスに乗っての所要時間は約10分とアナウンスされていましたが、道路が混み気味で約15分かかりました。さらにバスの停車場から数分歩いたこともあり、到着したのは13時35分。筆者の予約は13時30分なので少々遅刻となってしまいましたが、会場には問題なく入ることができました。東京駅からシャトルバスを利用する予定があり、余裕をもって到着したい人は、予約時間の30分前には東京駅に到着していたほうがいいかもしれません。

予約時刻から5分過ぎたためか、人はまばら。

自衛隊大規模接種センターへ到着しましたが、人の数はまばら。行列もなく、スムーズに入館できました。ちなみにワクチン接種の予約はAからDの会場別となっていましたが、その案内はなし。私はCの予約でしたが会場はすべて同じとなっており、いくつかある入口はどこを選んでも自由でした。その代わりに選んだ入口によって、ワクチン接種の案内パンフレットなどが入った色別のクリアファイルを渡されたのですが、会場内では最初から最後までその色ごとに行動することになります。

1 2