ライフスタイル クーポン&ポイントもゲット!スマホでAR謎解きが楽しめるイベント「XRシティ SHINJUKU」

スマートフォンを片手に、いつもとはちょっと違った街歩きが楽しめるイベント「XRシティ SHINJUKU」が、新宿駅周辺の複数のエリアで開催中です。これはNTTドコモと小田急電鉄がタッグを組んだ、ARイベントの第二弾。
ARとは「Augmented Reality(拡張現実)」を指す言葉で、空間を読み取って、現実の風景に様々なデジタル情報を、リアルに重ねて見せる技術のことを言います。

ちょっと難しく聞こえますが、要はスマホのカメラをかざすと、実際にはない看板とかオブジェとかキャラクターなんかが、まるでそこにあるかのように表示されるというもの。たとえばモザイク通りで専用アプリのカメラを空に向けると、カラフルなアンブレラスカイのCGが道に沿って現れるといった具合です。

現実には傘はありませんが、デジタル情報で重ねて表示しています。

現実の世界に実際にはないコンテンツを重ねられる「AR」が、新宿の街で無料で楽しめます。

専用アプリ「XRシティ」をインストールしたら、表示されたマップから近くのポイントを選択。すると、そこで見られるARコンテンツのリストが表示されます。見たいコンテンツを選んで、写真の指示と同じ場所にカメラをかざすと、ARコンテンツが現れます。

モザイク通りではアンブレラスカイのほか、ドコモの人気キャラクター、ポインコ兄弟を出現させることも可能。アンブレラスカイを背景にしたり、ポインコ兄弟と一緒に並んで写真が撮れるほか、現れた看板をタップするとおトクなクーポンもゲットできます。ポインコ兄弟をタップするとリアクションしたり、クーポンが使えるお店への行き方を歩いて示してくれる機能も。このほか「らくがき機能」を使えば、自分で画面に描いたデコレーションを風景に重ねるといったこともできます。

ポインコ兄弟が出現。おトクなクーポンもゲットできます!

イベントは人気アニメ「銀魂」ともコラボしていて、ポインコ兄弟のほか、歌舞伎町シネシティ広場、新宿サザンテラス、新宿中央公園の各ポイントごとに、坂田銀時、志村新八、神楽といった「銀魂」の人気キャラクターが出現。タップしてリアクションを楽しんだり、一緒に写真を撮ることができます。ARコンテンツが楽しめるポイントは、このほか小田急百貨店1F大階段前、歌舞伎町1丁目付近など全部で6箇所。設置されているイベントの看板が目印です。

専用アプリ「XRシティ」をアプリストアからダウンロード。写真と同じ場所をカメラで表示します。
目の前に「銀魂」の人気キャラクターが表示され、様々なリアクションを楽しむことができます。
現れたコンテンツと一緒に写真が撮れます。アート作品や自分で描いたらくがきを撮影して、SNSへ。

さらにこのうち4箇所のポイントでは、「リアル脱出ゲーム」の仕掛け人が監修する、ARを使った謎解きが楽しめる仕掛けも。各エリアに表示される宝箱を開けると、中から様々な謎が現れるしくみ。謎は実際にその場所にあるものを使わないと解けないようになっているので、ぜひ挑戦してみてください。

新宿の街を盛り上げるイベントであると同時に、5G時代の広告やナビゲーション、コンテンツを先取りする取り組みでもある「XRシティ SHINJUKU」。ドコモでは、期間中アンケートを実施しています。「XRシティ」のアプリをダウンロードしてこのアンケートに答えると、dポイントがもらえる「200万dポイント山分けキャンペーン」に参加できる特典も。新宿の街を楽しみながら、同時にクーポンやポイントでトクできる「XRシティ SHINJUKU」は、8月8日までの開催予定です。

取材・文/太田百合子