ライフスタイル 7月6日~期間限定!丸亀製麺の神戸牛うどん&丼が神メニューだった【麺喰い女子】

麺喰い女子の皆さん、最近は麺類をたべていますか?今回はご紹介するのは全国展開のセルフ式うどんチェーン店「讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺」の期間限定販売メニュー。これまで大人気だったシリーズの第四弾、神戸牛の登場です!

『神戸牛旨辛つけうどん』(890円)と、右上にあるのが『神戸牛焼肉丼』(590円)です。

これまで丸亀製麺では3回神戸牛シリーズを手掛けていますが、第4弾となる今回登場するのは『神戸牛旨辛つけうどん』と『神戸牛焼肉丼』。しかもお値段はそれぞれ890円と590円という、これまでのシリーズの中でもかなりリーズナブルとなっています。もともと神戸牛は丸亀製麺創業の地である兵庫県の特産品ですが、実はコロナ禍によって外食需要が減っており、行き場を失った神戸牛が増えているそう。そこで創業の地である兵庫の生産者さんを応援することも目的に、より多くのお客さんに楽しんでほしいという願いが込められているのです。

うどんの量は通常の1.5玉!スタミナ満点の旨辛だしが食欲をそそる

右下にあるのはセルフサービスで食べられるワサビ。神戸牛のあまい脂はワサビと相性がいいそうです。

神戸牛旨辛つけうどんは、 旨辛だしで味わう冷やしうどんです。丸亀製麺自慢の冷やしうどんと、すき焼き風に味付けされたたっぷりの神戸牛。さらにゴマ油をからめた白ネギとごま、そして海苔がこれでもか!とかかっています。ではさっそく、神戸牛を一口。

うどんに味がついており、 旨辛だしをつけずにそのまま食べても十分美味しく楽しめます。

霜降りの肉は柔らかく、脂が甘い!こんなにも贅沢に神戸牛が味わえるとは、なんて幸せなのでしょう……。この美味しさを知ってしまうと、スーパーで売っている牛肉が物足りなくなってしまうかも。そんな危機感すら芽生えました。

筆者はさらに 無料トッピングの青ネギとすりごまも投入 。

旨辛だしはしっかり目に味付けされ、ラー油がアクセントになっています。夏にぴったりのスタミナ系の味付けで、うどんと食べると食欲がすすむ。また玉子も入っており、崩して絡めるとまろやかになる味変効果もあります。今回うどんの量は1.5玉とかなりボリューミーでしたが、旨辛だしによってスルっと食べてしまいそうなのが、ある意味恐ろしいと感じます。

1 2