ライフスタイル 睡眠や趣味以外で、日々のストレスを解消できるちょっとユニークな方法

皆さんこんにちは。幼い頃からテクノロジーが大好きで、その甲斐あって入社した宇宙航空研究開発機構JAXAでは、人工衛星を作り、宇宙へとロケットで打ち上げた経験が冥土の土産になっている、齊田興哉(さいだともや)です。

今の世の中、SF映画の世界が現実になりつつあるテクノロジーが日々発明されたり、それを開発するスゴいベンチャー企業が出てきたりしています。そんなテクノロジーの中には、堅実女子のみなさんにも「すごいっ!」と興味を持ってもらえるモノもたくさんあるんじゃないか、そんな思いがあります。

……というわけで、これから「堅実女子×テクノロジー」で何が起きていくのかをお話していきたいと思います。

精神的なストレスの主な原因は、やっぱり人間関係?

多くの方が、日常的にストレスを抱えている、そんな結果が公表されています。マイボイスコムが実施した疲れ・疲労に関するアンケート調査(第3回)によると、慢性的な疲労を感じている人は実に全体の6割強、そして「精神的な疲労・疲れ」を感じている人は、約25%にも及んでいるのです。では、なぜ、この「精神的な疲労・疲れ」が多いのでしょうか。その原因は、人間関係によるものがほとんどだといいます。ミツワが実施したオフィスで働く女性1,113人に対するアンケートですと、実に約75%もの人が人間関係でストレスを抱えているといいます。

人間関係といっても様々ですが、例えば職場での上司との人間関係で色々とあるかたが多いようです。仕事の割り振りや指示が適切でない“勘違いマネジメント”に苦しむ部下の話や、「きみの成長のため」と仕事を押し付ける上司、「見て覚えて」と教えてくれない上司、モチベーションを下げる言葉を悪気なく使ってくる上司など、ネットでちょっと調べてみただけでもたくさんの事例がでてきます。他にもクライアントや、友人、知人との人間関係でストレスを抱えてしまうこともあるようです。

上司との人間関係って大変……

先述のボイスコムアンケートによると、これらの精神的なストレス・疲れをとるために、多くのみなさんが行っているのがやはり「睡眠」。7割弱のかたが「睡眠」の重要性を認識しておられます。そして、「休息」が4割強、「お風呂、半身浴」、「ボーッとする」などがそれぞれ2割強。「甘いもの」「自分が好きなもの」「温かいもの」を飲食するなどの回答もありました。実は、これ以外でもちょっとユニークな解消法もあります。次で紹介したいと思います。

精神的ストレスを意外な方法で解消!

さきほどご紹介したように、精神的ストレスを除去するには、睡眠、休息、入浴などが多くのかたが行っている方法であることは、アンケートからもわかっていますね。これはとても重要なことで、心身ともに疲れを取るとても有効な方法です。

そして、他にもちょっとユニークで意外な方法があります。それはemolというアプリです。このアプリは、「AIと一緒に心のケアをしましょう」をコンセプトに、AIとチャットをしながら、メンタルヘルス分析ができるというものです。「いつでもぼくが話し相手になるよ!」と、そんな優しい言葉で可愛らしいキャラクターが迎えてくれます。

emolというAIを活用した心のケアができるアプリ
(出典:emol

このアプリでは、今の感情を入力していくことから始めます。たとえば、アプリから質問されますので、「いらいら」、「びっくり」、「うれしい」、「わくわく」、「おだやか」、「かなしい」、「もやもや」、「むかむか」、「まあまあ」の9つの感情表現を選択します。そして、AIとのチャット。吐き出したいこと、感じたこと、思ったこと、いましていることなどをチャットに入力していきます。これら記録されたライフログからメンタル分析をしてくれて、スコアリングからアドバイスまで行ってくれます。そのときに、なぜそう思ったのか、客観的に自分を観察することができて、新しい自分に気付いたり、解決方法が見つかったりことができるようです。

他にも現代らしいストレスの原因はこれ!

実は、他にも現代らしいストレスの原因があります。それはSNS。ビズヒッツが電車通勤をする男女500人に行ったアンケートによると、通勤電車のなかで、もっとも時間を費やす第一位がSNSの閲覧や書き込みといいます。実に全体の約76%にも及びます。SNSといっても多岐にわたります。LINE、Twitter、Instagram、Facebookなどなど、有名人の発信を閲覧したり、書き込んだり、その反応を閲覧したりする、そんな時間の過ごし方をしているかたほとんどのようですね。自分自身が書き込んだり、その反応を閲覧したりするかたも多くいらっしゃるでしょう。しかし、このSNSの閲覧などが精神的なストレスになってしまっている、そんなケースも多いようです。有名人が誹謗中傷などSNSで受けるケースは、ある種社会問題になっていますし、これは有名人だけに限ったことではありません。一般の人だって同じなのです。

そこで、こんなアプリがあります。AIがネガティブ文章をポジティブな言い方に変換できるCOCO-WAというWebアプリです。COCO-SHIPが開発したサービスでいつでもどこでも、ネガティブ文章をユーモラスなポジティブ文章に変換してくれる、コミュニケーション支援ツールです。女性のキャラクターが迎えてくれます。「怒り」、「嫌悪」、「哀しみ」などによって引き起こされるコミュニケーションに「楽しさ」を提供することができるといいます。たとえば、上司や同僚からのメール内容にイライラしたとき、他の人とのネガティブなやりとりで落ち込んだとき、本当はポジティブに考えた方がいいなと思うとき、希望が欲しいとき、こんなときに利用するといいようです。

AIがネガティブワードをポジティブワードに変換
(出典:COCO-SHIP

ほかにもCOCO-SHIPは、こんなサービスも提供しています。動画メディア「ツバサココ」です。「コミュニケーションスキル」や「前向きになれる物語」などを動画にして提供している動画がたくさん見ることができます。

動画メディア「ツバサココ」のサイトはこちら

いかがでしたでしょうか。ストレスが多いこんな世の中だからこそ、ちょっと変わったユニークなストレス解消を敢えて試してみるのもいいかもしれません。新たなストレスの解消法が見つかったり、新しい自分に気づけたりするかもしれません。

文/齊田興哉