ライフスタイル コロナ禍も大きい?一人暮らしの若者世代の約4割が「孤独死の不安を感じる」

“孤独死”と聞くと、高齢者の問題で若者世代にはあまり関係ない……、そんなイメージを持つ人も多いかもしれません。しかし終活に関する情報を発信するメディア「終活瓦版」によると、20代や30代の若者が孤独死した事例は、数が少なくても確実に存在しているといいます。そこで同メディアでは20~30代を対象に「若者の孤独死に関する意識調査」をしたところ、若者世代の死に対するさまざまな不安感が判明しました。

一人暮らしの若者世代で孤独死の不安を感じている人は4割に

同調査ではまず、「現在の生活で孤独死の不安はある?」とアンケート。その結果半数近くの48%は「まったく不安に感じない」と回答していますが、「とても不安に感じる」「たまに不安に感じる」と回答した人の合計は30%となっています。残りの21%は「あまり不安に感じない」ですが、この回答も孤独死への不安はゼロではないのです。

では具体的にどんな環境にいる人が孤独死の不安を感じるのでしょうか?「実家暮らし」と「一人暮らし」、「同居・同棲」ごとに調査したところ、以下のような結果となりました。

実家暮らしよりも同居・同棲の人のほうが不安感は少ないようですが…。

やはり圧倒的に不安な割合が高いのは「一人暮らし」。「とても不安」「たまに不安」と合わせると42%の人が孤独死に不安を感じていることが分かりました。また実家暮らしや同居・同棲では家族やパートナー、友人などが同じ家にいるにもかかわらず、孤独死への不安はゼロではないようです。

1 2