ライフスタイル ドラッグストアで買える商品も多数!アトピー性皮膚炎に悩むユーザーが選ぶ化粧品TOP10

アトピー性皮膚炎は子どものころに発症し、大人になっても治らない人や、大人になってから発症するという人も少なくありません。日本皮膚科学会と日本アレルギー学会作成の「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018」によれば、「化粧品などに対する接触アレルギーで、皮疹が悪化することがある」との記載が。つまりアトピー性皮膚炎に悩む女性は、化粧をすることで症状を悪化させてしまう可能性もあるのです。

あの「ニベアの青缶」愛用者も多数

つねにノーメイクで過ごせれば、アトピー症状を悪化させずに済むかもしれません。しかし堅実女子はそうもいかず、仕事ではもちろん、プライベートでもメイクをして外出するべきシーンはつねに存在します。そうなればできるだけ症状が悪化しにくい化粧品を選ぶなど、つねに対策が必要となるのです。

そこで今回ご紹介するのは、アトピー性皮膚炎の方々を対象とした匿名の画像共有型アプリ「アトピヨ」が実施した、ユーザー間で話題になった化粧品ブランドの調査。人一倍敏感なユーザーが愛用している化粧品とは、一体どんなものなのでしょうか?まずは10位から5位のラインナップをご紹介します。

9位のCetaphilはアメリカ発祥、7位のニベアはドイツ発祥です。

10位の「ETVOS」は国産の化粧品メーカー。クレンジング不要のミネラルファンデーションや、ヒト型セラミドを配合したスキンケアが有名です。9位の「Cetaphil」は皮膚疾患の患者向けに開発された、アメリカ発祥のスキンケアブランド。8位「Fam’s Baby」は敏感肌の赤ちゃんとママ向けに開発されたスキンケア製品で、新生児から使用することができます。

そして7位は日本ではおなじみの超ロングセラー「NIVEA」で、塗り薬と一緒に使うユーザーも多いのだとか。6位の「コラージュ」は持田ヘルスケアによるスキンケアブランド。敏感肌向けに開発されており、ドラッグストアなどでも手に入れることができます。6位の「NOV」は常盤薬品工業による臨床皮膚医学に基づく低刺激スキンケア・メイクブランド。こちらもドラッグスアなどでも取り扱いがあるので、手に入れやすいのも人気の理由でしょうか?

1 2